韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


★いつもご愛読ありがとうございます。史上最悪の隣人である韓国の実態を伝えるべく、日々の更新をさせていただいております。朝鮮人を差別するつもりは毛頭ありません。単なる区別ですのでご了承ください。

★読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。私の拙い文章よりも遥かに的確なコメントを残してくださる方ばかりなので、コメント欄もぜひご覧いただければと思います。また、感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。

★在日韓国人を始めとした日本人以外の方のコメントも大歓迎です。「JAPANESE ONLY」とかケチなことは言いませんので、どんどん書き込んでくださいませ。あ、“成り済まし”しての書き込みも、これまで通りご遠慮なく!!


WBC敗退の理由を探すのに血眼です【火病韓国】

かくあるべきスポーツ界

チョンどもが、WBCでの敗戦理由を熱く語ってるようですね。

過去の悪行を顧みず、他国を貶してまでの自己擁護。

やはり、早々に世界中のスポーツ界から韓国を排除したほうが良さそうです。
放置していたら、取り返しのつかないことになるのですから。




-----------------------
韓国WBC敗戦の弁 「台湾の食事は味が濃いから」「台湾は寒いから」

韓国WBC敗戦の弁「食べ物や気候、観客のせい」…台湾人失笑

WBC第1ラウンドB組の韓国は2日、オランダと対戦し、0-5で完封負けを喫した。第1ラウンドB組は台湾で行われているが、韓国メディアはオランダ戦での敗因について、「台湾は寒いから」、「台湾の食事は味が濃いから」、「台湾人の観客のヤジがうるさかったから」などと報じており、台湾のネットユーザーからは失笑の声があがった。台湾の自由日報が4日付で報じた。

韓国メディアは「韓国代表が力を発揮できないのは、環境による疲労が原因」と主張、台湾の気温が例年より低く、強風が吹いているため、「5~6℃の気温下でプレーしているのと同じ」と主張した。しかし、相手チームも同じ気象条件でプレーしているため、気温は言い訳にはならないだろう。

また、韓国代表の不振は、台湾の食事が口に合わず、「台湾の濃い味付けは外国人にとって受け入れがたいもの」と報じる韓国メディアもあり、「3週間も台湾で食事を撮り続けたことで選手たちは食欲不振になった」と主張した。そのほか、台湾人の観客のヤジが韓国代表に深刻な影響を与えていると主張する韓国メディアもあるという。

自由日報によれば、韓国メディアが敗戦の「言い訳」を探していることについて、台湾のネットユーザーからは「台湾よりも気温の低い国の人間が、台湾を寒いと言うとはどういうことだ?」、「台湾の食事が口にあわないなら、シェフを帯同させるべき」などと失笑や反論の声が挙がっているという。
-----------------------





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ





イチローを殺そうとするデザインのTシャツ【公式グッズ】

イチロー暗殺Tシャツ


このTシャツは2009年のWBC時に作成されたもの。

日本のイチローを3打数無安打に封じた投手を「暗殺者」に見立てて、イチローを狙っているシーンだそうです。

しかもこれ、その投手が所属するLG球団の公式グッズ。

こういうことを当たり前のように行うのがチョンなのです。





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ





W杯で「FUCK YOU JAPAN」の人文字

FUCK YOU JAPAN

上の画像は2002年の日韓W杯時のものと言われています。

さすがにこれはコラ画像のようですが、ヒトモドキならやりかねないですよね。
 
この「やりかねない」というのがチョンどもの性質を表しています。 

人口が約半分なのに、日本よりタクシーが多い理由【韓国犯罪事情】

ぼったくりだらけの韓国

韓国では前科者がタクシー運転手になるケースが多いようですね。
日本のタクシー業界にもチラホラと在日が蔓延っている模様です。

車内がキムチ臭かったら注意しましょう。

ちなみに、
>韓国は黒塗りの模範タクシーと通常のタクシーが有りますが、
>通常のタクシーは前科者が多数居ます。
>運転の丁寧さで区別されてる訳では実際は有りません。
……とのことです。


-----------------------
日本の人口は1億2700万人余りだ。韓国の5094万人余りの2倍を超える。だが、日本のタクシーの数は2011年現在25万1466台で韓国の25万4973台より少ない。一時27万台をはるかに超え韓国のように供給過剰問題が起きたこともある。しかし日本政府の強力な減車政策でこの2年間で2万台が減った。 

日本政府はこの過程で韓国と違い補償金を支払わなかった。代わりに料金引き上げ、燃料の多様化などタクシー業界が自活力を育てられる基盤を作り、管理監督を大幅に強化して基準に満たないタクシーの自然な構造調整を誘導した。 

法人タクシーの場合、全国を供給過剰の水準により4つの地域に分けた後、地域別に新規増車、免許発行を抑制した。法規違反に対する行政処分も最大4倍まで強化した。タクシー業者に対する監査を実施し、違法の事実が摘発されればこれを基に減車を勧めた。自主的な減車の要求を受け入れない業者に対しては定期調査を強化する方法で圧迫した。 

個人タクシーの場合も同じだった。2010年に免許定年制を導入し70歳以上の運転手の免許を回収した。運転手の年齢・運転キャリアなどにより1~5年単位で免許を更新するようにし、1年に5回以上法規を違反すれば免許を取り消した。個人タクシー免許の譲渡や相続が無制限に行われている韓国と違い、譲渡・相続条件を厳しくし事実上取り引きできなくした。 

韓国交通研究院のカン・サンウク博士は「一度タクシー市場に参入すると永遠に退出しない奇形的な構造から先に改革しなければならない。このような構造調整なしで減車補償をすれば市場に残るタクシーのプレミアムだけ引き上げる結果を生みかねない」と指摘した。 

(中央日報)
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ





アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
トップに
戻る