韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

★いつもご愛読ありがとうございます。史上最悪の隣人である韓国の実態を伝えるべく、日々の更新をさせていただいております。朝鮮人を差別するつもりは毛頭ありません。単なる区別ですのでご了承ください。

★読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。私の拙い文章よりも遥かに的確なコメントを残してくださる方ばかりなので、コメント欄もぜひご覧いただければと思います。また、感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。

★在日韓国人を始めとした日本人以外の方のコメントも大歓迎です。「JAPANESE ONLY」とかケチなことは言いませんので、どんどん書き込んでくださいませ。あ、“成り済まし”しての書き込みも、これまで通りご遠慮なく!!


これがバ韓国脳! 高齢の加入者にアダルト動画を見せ、利用料を荒稼ぎする通信事業会社www

在日バ韓国企業は日本人の敵


バ韓国の通信事業会社が、高齢の加入者にあるショートメールを送信していました。


そのショートメールに書かれていたのは、アダルト動画のURL。



その動画を加入者に見せ、通信費を荒稼ぎしていたのです!!!!!!!!



いやぁ、凄い思考回路ですよね。


こんな悪質というか下劣な方法を思いつくのはヒトモドキならではですね。



在日どもの商売の方法も似たようなもんです。


一刻も早くこの日本からヒトモドキどもを駆逐したいものです。




-----------------------
携帯料金をたくさん使わせようと高齢者にわいせつ動画を送りつけた韓国通信会社

 韓国のある移動通信事業者が、高齢の加入者を対象に、高額の料金プランを利用するよう誘導するためポルノを利用した「わいせつ動画マーケティング」を繰り広げた-という主張が韓国国会で提起された。

 野党「正しい未来党」の河泰慶(ハ・テギョン)議員は29日、韓国国会で記者会見を開き「A社が高齢者に、データ通信の過大利用を誘導しようと、わいせつ動画のリンクを携帯電話のショートメールで送った」と明かした。河議員によるとA通信社ソウル本社の直営代理店は、最初の3カ月だけ高額の料金プランを利用するという条件でスマートフォンを開通させた高齢加入者1000人以上に対し、利用が始まった頃、ポルノを見ることができるインターネットのアドレスを送ってやってデータ通信を多く利用するように仕向けた。その後、約定した3カ月が終わる頃に「安い料金プランに変えたら支出がもっと増える」と説明し、高額の料金プランを維持するようにしていたというのだ。

 河議員はその根拠として、A通信社の本社社員と代理店社員の間の会話を収めた録取記録を公開した。録取記録で、本社社員は代理店に対し「朝になったら、そのおじいさんおばあさん方に、フォンを買っていった人に、わいせつ動画を1本ずつ送ってやって。あしたも送ってやり、あさっても送ってやり…」「(その後)今ダウンロードなさったら(安い料金プランに変えたら)1カ月のデータ料金だけでもさらに数万ウォン(1万ウォン=現在のレートで約928円。以下同じ)かかります、できればあと2万ウォン(約1860円)出してこれをお使いになるのはどうですかと言えば(客は)『ああ、そうだな』と言ってみんな喜んでいく」と話していた。こういう形で、月額8万8000ウォン(約8170円)の高額料金ユーザーを維持しろ、という説明だった。

 「A通信社が作った代理店主教育資料」も公開した。この資料には、成人向けコンテンツの写真が含まれていた。河議員は「成人物を勧める『わいせつ動画マーケティング』を顧客誘引の方法の一つとして紹介したもの」と説明した。

 河議員は「通報によれば、A通信社本社では『わいせつ動画マーケティング』を実行した支店を優秀事例に挙げ、そこの店長に少なくとも数百万ウォン(100万ウォン=約9万3000円)のボーナスを出してやったり、本社事務職に昇進する機会も与えたりした」として「わいせつ物をばらまいて収益を上げるのはわいせつ物流布罪および公正取引法違反行為で、検察の捜査対象」と語った。

 一方、A通信社側は「加盟店の店主を対象にした教育を面白くするため、架空の状況を設定して説明する過程で起こったこと」だとして「直営代理店が高齢者を対象に特定のコンテンツを利用したマーケティングをやったことはなく、強制教育や営業停止の脅迫は事実ではない」とコメントした。また「本社の教育資料に出てきた成人コンテンツは、アイドル・ゲーム・ウェブ漫画など6部門で構成された教育資料の一部のみを抜粋したもので、全資料50ページ中の1ページにすぎない」としつつ「今後、再発防止に努めたい」と見解を示した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/06/2019120680098.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















米中そして北朝鮮にも媚びへつらうバ韓国、「北の支援事業のため500万ドル出すニダ!!」

金正恩の言いなりとなるバ韓国の文酋長


バ韓国の文政権が、


「北朝鮮の母子保健事業に500万ドル支援するニダ!」


と発表していました。


北のカリアゲ君に相手にされていない文大統領。

なんとしてでもご機嫌を取るべく、必死なんでしょうねwwww




中国やアメリカに媚びへつらうだけではなく、

北朝鮮にも媚びまくっているバ韓国。


いったいナニが楽しくて国を存続させているのか意味不明です。



-----------------------
文在寅政権が対北人道支援5億円 南北対話滞る中

 韓国統一省は6日、世界保健機関(WHO)が北朝鮮で行う母子保健事業に500万ドル(約5億4千万円)を支援すると発表した。北朝鮮は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権との対話を拒み、韓国が6月に国際機関を通じた支援を決めたコメ5万トンの受け取りも拒否したが、同省は「南北関係の状況にかかわらず、母子対象の人道支援は続けていく」としている。

 WHOを通じた支援は2014年以来で、支援金は、産婦人科や小児科で働く医療従事者の教育訓練などに使われる。WHO側が事業再開を望み、「乳幼児や産婦の死亡率低下に寄与すると判断した」という。

 文政権は17年に国際機関による対北人道支援事業への800万ドル拠出を決め、今年、実施した。今回はWHOを介した支援とは別に、政府傘下の国際保健医療財団による児童・障害者支援事業の再開も決めた。

 北朝鮮がミサイル発射を繰り返す中での支援決定は不適切だとの指摘もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000552-san-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【出生率1未満の終わった国】バ韓国の20代、6割が「子供ほしくないニダ!!」

バ韓国の出生率が一日も早く0になりますように。


屑チョンの20代のうち、

6割が「子供がほしくないニダ!」と考えているようです。




ヒトモドキのくせに、素晴らしい考えをしているじゃないですか!!


さすが、世界で唯一の出生率1未満の国ですなぁwwww



でも、4割近くの害獣どもが子孫を残す気マンマンのようです。



もっとバ韓国を追い詰め、屑チョン全匹が子作りを諦めるようにしなければいけませんね。




-----------------------
韓国の20代、6割が「子どもほしくない」=中国ネットでも共感多数

 韓国人口保健福祉協会(KoPHWA)の調査により、韓国で20代の若者のうち6割が「子どもがほしくない」と考えていることが分かった。4日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で中国メディア・時差視頻が報じると、中国のネットユーザーからも大きな関心が寄せられた。

 子どもを望まない理由として最も多かったのは「現在の社会は子育てにふさわしくないから」で、36%が回答した。同協会の研究員は、「今の20代は社会の不平等さにかなり触れてきた世代で、彼らは同世代の人々の生活もそれほど幸せではないと捉えている。そういった経験や印象が、結婚・出産に対する考え方に影響を及ぼしているのだろう」と分析している。

 同調査では、「努力しても報われない」「社会の不平等を自ら経験したことがある」と答えた人の割合もそれぞれ全体の74%に上ったという。また、具体的にどういった点に不平等さを感じるかについては、「親世代から受けられるサポート」「経済能力」「性別」の順で多かったという。

 この話題は、微博でも関連キーワードが一時検索キーワードランキングの上位に登場するなど広く注目を集めた。中国のネットユーザーからは、「中国だって似たようなもの」「自分のことで精いっぱいなのに、子どものことまで手が回るはずがない」「子どもがいらないどころか、結婚すらしたくない」などと同調する意見が数多く見られたほか、「中国はまだいい。経済が急速に発展しているから、将来に希望が持てる」という意見も寄せられた。

 韓国統計局が以前発表した統計によると、2018年の韓国の合計特殊出生率は0.98で、同年に世界で唯一の出生率1未満の国になった。

https://www.recordchina.co.jp/b764674-s0-c30-d0148.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















究極の選択を迫られるバ韓国! THAAD問題がある限り習近平の訪韓はない!?

バ韓国に圧力外交する王毅外相


王毅外相の訪韓は、予想通り「THAAD圧力」をかけまくっていた圧力外交ようです。



文政権府側は、支持率回復のため習近平に訪韓してほしくて仕方がないのに、


中国側は、「THAAD解決しなければ習主席訪韓ない」というスタンスとのこと。



今までのらりくらりとアメリカや中国に媚びへつらっていたバ韓国。


しかし、そろそろハッキリと答えを出さざるを得ない状況になっています。




どちらを選択しても、裏切られた側の怒りは相当なものでしょう。


つまり、どう転んでもバ韓国が崩壊するという未来ですねwwww



バ韓国という国、そしてヒトモドキという種が消えてなくなる瞬間を我々の世代で見届けたいものです。


-----------------------
王毅外相「THAAD解決しなければ習主席訪韓ない」…課題投げ掛ける

 中国の王毅・外交担当国務委員兼外相が訪韓期間中に与党・共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表に別個に会い、「敏感な問題をうまく処理すべきだ」と言ったことが6日、確認された。「敏感な問題」とは、慶尚北道星州に臨時配備された在韓米軍の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)を意味する。今月4日と5日に約4年ぶりに訪韓した王毅外相は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、李海チャン代表という韓国側の主要人物全員に「THAAD圧力」をかけて韓国を去ったことになる。

 文在寅大統領をはじめとする韓国側の主要人物たちは「習近平国家主席の早期訪韓」問題を集中的に取り上げたが、王毅外相は確答しなかったとのことだ。外交消息筋は「中国が習近平主席の訪韓とTHAAD解決を結びつけようとしている意図が見え隠れする」と話す。

 中国外務省が6日に明らかにしたところによると、王毅外相はソウル到着当日の4日、李海チャン代表に会い、「中国は韓国との意思疎通を強化し、一帯一路(中国主導の新シルクロード構想)を韓国の発展戦略とつなぎ合わせることができるよう努力し、第3者の協力を積極的に研究するだろう」と語った。米国からインド太平洋戦略への賛同を求められている韓国に「一帯一路への合流」圧力をかけたものだ。そして、「両者は互いに心から接し、相互核心利益と重大関心事を尊重すべきだ。中韓関係のしっかりとした発展に影響を与える敏感な問題をうまく処理し、両者関係の発展を守らなければならない」と述べた。

 ある元外交部次官は「中国が公に反対しているTHAADや米の中距離ミサイル配備といった『敏感な問題』を韓国がうまく処理しなければ、習近平主席の訪韓など両国関係の発展は難しいという警告を外交的修辞で包んだものだ」と話す。中国の外交部によると、これに対して李海チャン代表は「両国関係がさらに高い水準になるよう、共に民主党にはいっそう大きな役割を果たす意向がある」と明らかにしたとのことだ。

 外交消息筋は「(現在の)韓国の政権が発足して3年になろうとしているのに、中国の首脳が訪韓していない事例は1991年の韓中修交以降、見当たらない。韓国政府の焦りをよく知っている中国としてはできるだけ確答を遅らせ、THAAD問題解決への圧力をかけるだろう」とした。

 しかし、中国は限韓令などのTHAAD報復措置をほぼ放置している上、最近になってTHAAD圧力の程度を高めている。このため、中国は限韓令を強化したり緩和したりしながら、「韓国を手なずける」戦略を駆使しているとの見方もある。2017年末のいわゆる「三不」誓約でTHAAD問題は解決したという韓国政府の立場がない状況だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/07/2019120780017.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
トップに
戻る