韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


2014年10月

右肩下がりがますます加速!!! サムスンの営業利益、前年比60パーも減少ww

サムスン電子の転落ぶりが半端ない!!




サムスン電子の7月から9月期の営業利益が前年比60パーセントダウンだということが判明していました。


物凄い減少ですね。


これから先、何一つ明るい材料はありません。


なにせ世界中がバ韓国の実態に気づきつつあるので、むしろ悪い材料ばかりです。


この転落ぶりを対岸から眺めつつ、決してサムスン電子の得になるような行いをしないよう気をつけたいものですね。



いやぁ、ホント楽しみですwwwwwwwww








-----------------------
試練のサムスン 営業益が前年比60%減=7~9月期

 サムスン電子が30日に発表した7~9月期の営業利益(確報値)は4兆600億ウォン(約4200億円)だった。前期の7兆1900億ウォンに比べ43.5%減、前年同期の10兆1600億ウォンに比べ60.1%減となった。

 本業のもうけを示す営業利益が5兆ウォンを下回るのは、2011年10~12月期以来、約3年ぶり。営業利益は今月初めに発表した速報値より400億ウォン減った。

 売上高は47兆4500億ウォンだった。前期より9.4%減、前年同期比19.7%減となった。

 スマートフォン事業を担当する主力事業部のITモバイル(IM)部門の営業利益は1兆7500億ウォンだった。同部門の営業利益は今年1~3月期に6兆4300億ウォンを記録したが、4~6月期に4兆4200億ウォンに減少したのに続き、今回は1兆ウォン台に急落した。

 半導体とディスプレーを担当するDS(部品)部門の営業利益は2兆3300億ウォンで、前期(2兆900億ウォン)より業績が改善した。特に半導体は2兆2600億ウォンの営業利益を上げ、全体の業績が振るわない中、健闘した。

 消費者家電(CE)部門の営業利益は500億ウォンだった。

 スマートフォン販売量は小幅増えたものの、中低価格帯製品の割合が増えた上、従来製品の価格が下落し、平均単価が下がったと、サムスン電子は分析した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/30/2014103001007.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【敗北宣言ww】終わることが約束された韓国経済wwwwwww

パククネ婆のおかげで韓国崩壊が早まりました


バ韓国のメディアが、

韓国は低成長、低水準のインフレ率、円安という3つの問題に直面しているニダ」として危機感を示していました。


いわゆる敗北宣言って奴ですね。



あの低脳どもがそんな危機から脱却できるわけがありません。


それに対しパククネ婆は、

財政赤字が拡大したとしても、経済回復のために予算を拡大し、苦難を克服するために関係各方面と努力していきたいニダ

とも発言していましたが、屑チョンどもの言う“努力”なんざタカが知れてますからね。


またぞろ日本にたかる算段でもしているのでしょうか?




なんにせよ、ようやくバ韓国の本格的な終わりが始まったのは歓迎すべきことでしょう。








-----------------------
韓国経済が「危機に直面」 朴大統領が認識示す=韓国華字メディア

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は29日、国会で施政方針演説を行い、韓国経済が危機に直面しているとの認識を示したうえで、2015年の目標として経済回復を掲げた。29日付で韓国メディア・亜洲経済の中国語版が伝えた。

 記事は、韓国の中央銀行である韓国銀行が発表した報告書を引用し、2014年第3四半期における韓国の製造業の成長率が前期比0.9%減になったことを紹介。さらに8月の設備投資が11年7カ月ぶりの水準にまで落ち込んだことを挙げ、「韓国は低成長、低水準のインフレ率、円安という3つの問題に直面している」と論じた。

 これに対し、朴槿恵大統領が「財政赤字が拡大したとしても、経済回復のために予算を拡大し、苦難を克服するために関係各方面と努力していきたい」と述べたことを紹介。

 さらに、朴槿恵大統領が施政方針演説のなかで、国家戦略として掲げた「創造経済」の実現のために8兆3000億ウォン(約8580億円)を投入する計画であるほか、中国やニュージーランド、ベトナムとの自由貿易協定(FTA)妥結に向けて歩みを速めたいと述べたことを伝えた。

 また記事は、韓国の2012年における国内総生産(GDP)に対する「国の借金」の割合は32.2%で、17年には36.7%にまで上昇する見通しだと紹介する一方で、GDPに対する「国の借金」の割合は日本の219.1%、米国の106.3%などに比べればまだ低いと指摘した。

http://news.nifty.com/cs/world/koreadetail/sech-20141031-20141031_00019/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








第2ロッテワールド、キタコレ! 4階から1階に「落下物」が落ちてきて負傷者発生wwww

オープンが待ち遠しい第2ロッテワールド




本格的オープンを目前に控えた第2ロッテワールド。


先日臨時オープンしていた時のこと。

4階でガラスの清掃作業をしていたところ、てのひら位の大きさのインテリアが1階に落下したとのことでした。


屑チョン1匹が頭に怪我をしただけなので、メシウマとは行きませんでしたね。


それでも、楽しみが増えました。



床はひび割れ、頭上からは落下物、付近の地盤は陥没穴だらけ、おまけに手抜き工事wwww


いやぁ、来年の本格OPENが楽しみですね。


OPEN初日に果たして何匹死んでくれるのでしょうか?








-----------------------
第2ロッテワールド4階から付着物落下…職員が負傷

 臨時オープンした第2ロッテワールドで、昨日(29日)、事故が発生したことが一歩遅れて伝えられた。ロッテ建設側は昨日午前11時20分頃、第2ロッテワールドのショッピングモール4階で、職員がガラスの清掃作業をしていたところ、掌大のインテリア付着物が1階に落下したと明らかにした。

 この事故で1階にいた協力業者の職員が頭を負傷し病院に移送されたが、大きな負傷ではなく治療を受けて帰宅したと付け加えた。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=2&ai_id=190703
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








自殺という名の暗殺間近!? アキヒロ前大統領の怯えっぷりがパないwwww

暗殺に怯えるアキヒロの馬鹿www




よっぽど心当たりがあるんでしょうねwwww


アキヒロの馬鹿がこの1年7カ月で、警護を頼んだ回数がパククネ婆の6倍にもなったんだそうです。

現職の大統領の6倍って相当なものですね。

動員された数はこの1年7カ月で4万匹とか!



いつ殺されるかビクビクしながら生きているんでしょう。

さっさと自殺すれば楽になるというのに。



あ!

たとえ暗殺されても「自殺」になる国でしたねwww









-----------------------
李明博前大統領、警護を頼んだ回数が朴大統領の6倍に=「どっちが現職かわからない」―韓国紙

 2014年10月29日、韓国日報によると、韓国の李明博(イ・ミョンバク)前大統領夫妻が過去1年7カ月に警護を頼んだ回数は、現職の朴槿恵(パク・クネ)大統領の6倍であることがわかり、韓国メディアから「退職しても皇帝並みの待遇を受けている」と揶揄されている。 

 先日、韓国最大野党・新政治民主連合の議員が大統領府から取得したデータを公表。それによると、李前大統領と金潤玉(キム・ユンオク)夫人は李前大統領が退いた2013年2月以降、計1934回の警護を依頼していた。一方、現職の朴大統領が同期間に警護を受けたのは327回で、李前大統領のおよそ6分の1だった。 

 データを公表した議員は、「毎回、警護に20人前後が動員されたとすると、延べ4万人。いったい誰が現職の大統領なのかわからない」と批判した。また、京郷新聞は「この1年7カ月の間、平均して1日3回の警護を受けていたことになる。皇帝のような待遇だ」と報じている。

http://www.recordchina.co.jp/a96590.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る