韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

2018年01月

【バ韓国・病院火災】笑顔を堪える屑チョン、泣き顔を無理やり作る屑チョン

焼香所を訪れたバ韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領


支持率ダダ下がりのバ韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領


バ韓国・病院火災。遺族様どもは狂喜


40匹以上の死者を出したバ韓国の病院火災。

その犠牲者の合同焼香所に、文在寅大統領が訪れていました。


醜い面をさらに不細工に歪め、遺族様どもに同情している感を出そうと必死ですなぁ。



そして、

一生遊んで暮らせる金が手に入るので、笑いを堪えるのに必死な遺族様ども。




なんとも奇妙な構図ですなぁ。



-----------------------
世宗病院火災犠牲者の焼香所を訪れた文大統領

 27日、慶尚南道密陽市三問洞の密陽文化体育会館に用意された世宗病院火災犠牲者の合同焼香所を訪れて献花する文在寅(ムン・ジェイン)大統領。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/28/2018012800303.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国整形事情】日本に整形しにくる中国人が急増しているワケとは?

バ韓国の整形技術は世界最低ランク


現在、日本に整形しにくる中国人が急増しているようです。


その理由は、

バ韓国で整形手術を失敗されたからというもの。


本当に馬鹿ですなぁ。

屑チョンの整形技術なんて、いい加減でメンテも糞もないのが当然です。


そんな当たり前のことすら知らない情報弱者どもなんでしょう。




今後もこうした中国人は当分増え続けると思われます。

なにしろ、中国人もオツムが相当弱いですからねwwwwwww



-----------------------
韓国で美容整形に失敗する中国人が増加、日本が駆け込み寺に―華字紙

 2018年1月25日、日本新華僑報によると、近場で気軽に訪れることができ、仲介業者が多く、費用も安いことから、韓国で美容整形をする中国人は多いが、問題も少なからず起きている。 

 中国人が韓国で美容整形を受けた際の事故やトラブルの発生率は2005年ごろから毎年10〜15%の割合で増加しており、中国メディアは韓国の一部の美容整形クリニックにはさまざまな問題があることを繰り返し伝えている。 

 そうした事情から、今度は韓国ではなく日本を訪れる人が増えている。その中には、韓国で最初に受けて失敗した美容整形を何とかしたいという人も多く、日本はいわば駆け込み寺になっている。 

 日本では美容外科医になるには外科医として7年以上の臨床経験を積む必要がある。そしてさらに美容外科医としても3年以上の臨床経験を積まなければ、執刀医として美容外科手術を行えないことになっている。 

 国際美容外科学会(ISAPS)の会員となることは、高い外科技術を持っていることが国際的にも認められたことを示し、美容外科医としての力量を判断する基準にもなる。会員数は中国が21人、韓国が43人だが、日本は103人。日本はアジアのトップレベルにあると言っていい。 

 毎日少なくとも1人は中国人患者の手術を行っているという東京都内の美容外科の院長は、日本の美容整形は「ナチュラルさ」と「安全性」だと話す。従業員の1人は「中国人患者への治療は日中友好への貢献でもあると考えている」という。 

 日本の美容整形は技術の高さや安全性が確保されているが、それでも100%はありえない。だからこそ施術するクリニックは慎重に選んでもらいたいと記事は伝えている。

http://www.recordchina.co.jp/b227642-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国・文在寅大統領「平昌冬季五輪中、脱北者は公の場に出てこないでほしいニダ!!」

米中だけでなく、北の顔色も伺うバ韓国・文在寅


馬鹿だ馬鹿だと思っていましたが、やはり屑チョン。

我々の想像を遥かに凌駕する馬鹿っぷりを、文在寅大統領が披露していましたwwww


バ韓国に住む脱北者に対し、


「平昌冬季五輪の期間中は、

公の場で活動を控えるようにするニダ!」


と警告を発していたというのです!!


中国にヘコヘコ、米国にもヘコヘコ、

そして、

北朝鮮にまで腰が折れんばかりに腰をヘコヘコ。



本当に醜い根性してますなぁ。


ただでさえ急落中の支持率ですが、

これで更に支持率が下がるのは間違いないでしょうね。



-----------------------
文在寅政権「脱北者に平昌五輪中、活動自粛求める」と韓国紙、「ご機嫌取りをメディアや国民にまで求める」と批判も

 2018年1月26日、平昌冬季五輪参加をめぐり、北朝鮮に気を遣う韓国の文在寅政権。脱北者に五輪期間中、公的活動自粛を求めたとも報じられた。韓国紙は「ご機嫌取りをメディアや国民にまで求める」と批判。北朝鮮の傍若無人な振る舞いについても「韓国社会の反北感情を育てる」と警告している。 

 朝鮮日報によると、16年に韓国へ亡命した太永浩・元駐英北朝鮮公使ら北朝鮮の体制に批判的な脱北者に対し、韓国政府は平昌五輪の期間は公開の場での活動を控えるよう勧告した。同紙は「北朝鮮はこれらの脱北者について『人間のごみ』と非難してきた」と説明。北朝鮮の事情に詳しい消息筋の「表向き、安全上の考慮という名目を掲げていたが、実際は『南北和解の雰囲気に水を差すな』という警告に聞こえた」との声を紹介している。 

 朝鮮日報は社説でも政府の北朝鮮厚遇を問題視。「北朝鮮の複数の宣伝機関は『かいらい保守メディアによる悪宣伝は度が過ぎている』などと連日非難している」と述べ、「韓国の歴代政権は北朝鮮からのこのような要求に『自由民主体制では報道を統制することはできない』との立場を貫いてきた。ところが今の政権はそのような基本的な立場さえ守っているのか疑問だ」と批判した。 

 さらに「メディア各社に対しては連日のように政府への協力を要請している」とも指摘。「韓国大統領府からのこの要請が言い換えれば『北朝鮮の機嫌を損なわないでほしい』ということなら、これは到底受け入れることはできない。今の韓国政府は北朝鮮のご機嫌取りさえすれば、金正恩・朝鮮労働党委員長が考え方を変えるとでも思っているのだろうか。対話を通じてわれわれが目指しているのは北朝鮮の核の廃棄だ」「北朝鮮のご機嫌取りはその正反対に向かうものだ」と論じている。 

 東亜日報は社説で三池淵管弦楽団の玄松月団長が率いる北朝鮮芸術団の視察団に言及。「北朝鮮は当初20日に来ると言ったが、突然取り消し、翌日再び訪問日程を通知するなど、紆余(うよ)曲折の末に実現した訪問だ。しかし、玄氏は一方的な予定変更については説明せず、韓国政府もその理由を聞けなかったという」と振り返った。 

 その上で「南北関係で北朝鮮の傍若無人な振る舞いは昨日今日のことではない。合意したことを自分たち都合で変更するのは普通だった」「北朝鮮はまるで五輪参加が韓国に大きな恩恵を与えるかのような態度だ」と論難。「北朝鮮に問うことは問い、『正しい道』を教えなければならない。北朝鮮もこのような形では恥ずべき実体を自らさらけ出し、韓国社会の反北感情だけを増幅させるということを分からなければならない」と強調している。

http://www.recordchina.co.jp/b247451-s0-c50.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国・鉄道公社】乗客をドアに挟んだまま列車が発車!! 「乗客の過失ニダ!!」

ツリ目でエラ張り! バ韓国・KORAILの列車


バ韓国の鉄道で、いかにも屑チョンらしい事故が起きていました。


・駅に停車した列車から母娘が降りようとする。

・乗り込む乗客が押し寄せてきて、すぐに降りられない。

・ようやく降りようとしたところで、ドアが閉まる!

・娘の足が挟まるが、列車はそのまま発信!!

・そのまま娘は4メートルほど引きずられる。


……という内容です。


しかし、この話にはまだまだ続きがあるのです!!


・母親は「心理治療が必要ニダ!」、娘は「恐怖で乗り物に乗れなくなったニダ!!」と主張。

・鉄道会社は「治療費のことは心配しないでほしいニダ!」

・しかし! 突然「今回の事故は乗客の過失だったニダ!!」と態度を変える。


……といった具合です。



いやぁ、金をせびろうとする母娘の魂胆が見え見えですが、

鉄道会社の態度も屑チョンならではですなぁ。

ま、バ韓国でしか発生しない醜い事故でしょう。



それにしても、死者が出なかったのが残念なお話です。


-----------------------
子どもをドアに挟んだまま走行した韓国の列車「乗客の過失です」=韓国ネットからは「日本から学ぶべき」の声も

 2018年1月23日、韓国・YTNは、韓国中部・忠清北道(チュンチョンブクド)の丹陽(タニャン)駅で列車が子どもをドアに挟んだまま出発し、一緒にいた母親とともに負傷する事故が発生したと報じた。しかし、会社側は「乗客の過失」との立場を示しているという。 

 事故は1カ月前にさかのぼる。同駅に設置された防犯カメラの映像には、駅に停車した急行ムグンファ号のドアが開いて親子が降りかけた瞬間、突然ドアが閉まる様子が映っている。その後ホームと線路の間に倒れ込んだ母親は、ドアに片足が挟まってしまった6歳の娘を何とかつかまえるも、4メートルほど引きずられてしまっている。 

 この事故で足や腰などを負傷した母親は3週間の入院治療を受けることになったという。母親は「他の乗客らが先に乗り込んできたため列車から降りられずにいたところ、ドアが再び開いたので『降りて』という意味だと思った」と主張する。 

 母親は現在も心理治療が必要な状態で、6歳の娘もエレベーターに乗れないなど、極度の不安症状を見せているとされる。 

 さらに、最近になって新たな問題が生じたという。事故当時にKORAIL(韓国鉄道公社)側は「治療費のことは心配しないでほしい」と伝えていたが、最近になって保険会社が「乗客の過失」として態度を変えたためだ。KORAIL側は「ムグンファ号は時速5キロを超えなければ、レバーを引くことでドアが開く」と主張しているものの、乗客の過失を立証する証拠は出していない状況という。 

 なお、事故発生当時に駅には3人の職員が勤務していたが、ホームには1人もいなかったことが分かっている。また、列車が予定時刻より2分ほど遅れて到着したこと、乗客の乗降車にかかった時間はわずか1分だったことも確認されたそうだ。 

 この事故を受け、全国鉄道労働組合の関係者は「この10年間、安全より利益、安全より効率を重視して人員を削減し続けてきた結果が事故につながった」と伝えている。 

 YTNによると、現在KORAIL側は公式インタビューを拒否しており、鉄道特別司法警察隊が事故の捜査に当たっているとのこと。 

 韓国のネットユーザーからは「KORAILはおかしい」「(防犯カメラの)映像を見れば(会社側の過失が)明らか。もし母親が子どもをつかんでいなかったら死んでいたかもしれない」と会社側を非難する声が続出している。 

 また「日本ではいつも列車の外に乗務員や駅員がいて、乗客を見守っている」など日本を比較対象に挙げる声も多く、「学ぶべき」「そうじゃない所もあるよ」と賛否を含めて130件以上の反応が集まっている。 

 一方で、別の視点から「どうか降りる人が降り終わってから乗って」「KORAILも問題だけど、一部の乗客が降りる人のことを考えずに何がなんでも押して入ろうとするのも問題」など乗客のマナーを指摘するコメントも少なくなかった。

http://www.recordchina.co.jp/b561888-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る