韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

2018年10月

次はバ韓国のTHAADか!? 板門店から武器弾薬が完全に撤去される!!

朝鮮半島の板門店から武器弾薬が撤去される


朝鮮半島の板門店で、南北ともに武器弾薬などを全て撤去したとのこと。

地雷の撤去も終わっているので、

いざ北チョンが攻めてきたらアッというまにバ韓国中が火の海になってくれそうですねwwww


次はTHAADの撤去を訴えてきそうな勢いです。


うーん、実に素晴らしい傾向ですね。


見せかけの平和に踊らされ、反米志向が強まっていくでしょう。


そうなれば、晴れて朝鮮半島中を南北の分け隔てなく攻撃できる体制が整うのですからwww



朝鮮半島を焼け野原にして地図上から消せば、東アジアが抱えているほとんどの問題はあっさり解決することでしょう。



-----------------------
「南北が板門店の共同警備区域から武器弾薬や見張りを全て撤去」報道に中国ネット「THAADはいつ撤去するの?」

 2018年10月26日、環球時報は、韓国と北朝鮮の双方が板門店の武器弾薬などをすべて撤去したと米メディアが伝えたことを紹介した。 

 記事は米CNNの25日の報道を紹介。それによると、韓国と北朝鮮は、板門店の共同警備区域からすでに全ての武器や弾薬を撤去したという。これは「極めて象徴的な意義あること」であり、「韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、南北の緊張をより一層緩和することを希望している」と伝えた。 

 記事は、板門店の共同警備区域は、これまで長期間にわたって地球上で最も危険な場所の1つとされ、南北の兵士が対峙(たいじ)し命令を常に待っている状態だったと紹介。しかし、今では板門店の地雷はすでに全て撤去され、全ての歩哨所、銃、弾薬も撤去されたという。これは、先月の南北首脳会談で合意したことの一部だと伝えた。 

 これに対し、中国のネットユーザーから「平和の福音だ」「いずれにしても平和はいいこと」「半島の平和に向けた大きな第一歩だな」など、歓迎するコメントが多く寄せられた。 

 一方で、「(在韓米軍に配備された)THAADはいつ撤去するの?」「終戦協議の際には中国を呼ぶことを忘れずに」「国連軍も解散しないと」などの意見や、「ちょっと怪しいな。ストーリーの進みが速すぎる」「一触即発の緊張状態がなくなれば、板門店はただのテーマパークになるな」というコメントもあった。

https://www.recordchina.co.jp/b634172-s0-c10-d0035.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァっ】飲酒運転の取り締まりを強化するバ韓国

飲酒運転の取り締まりを強化するバ韓国


バ韓国では飲酒運転による死亡事故が後を絶たないようです。

それを受け、飲酒運転の取り締まりを強化する動きが始まったとのこと。


ま、全くの無駄でしょうね。



屑チョンなんざ、飲酒の有無にかかわらず正常な判断ができない生き物にしか過ぎないのですから。


どれだけ取り締まりを強化しようとも、屑チョン運転手による死亡事故は減らないでしょう。


どうか1匹1殺の勢いで、どんどん殺し合っていただきたいものです。



屑チョンの生息数の半分が死亡事故を起こしてくれれば、

我々人類の宿願である朝鮮ヒトモドキの絶滅があっという間に達成できるのですからwwww



-----------------------
摘発2回で免許取り消し…韓国警察、飲酒取り締まりと処罰を強化

 相次ぐ飲酒運転による人命事故に対する警戒心が高まる中、警察が飲酒運転取り締まり基準と法定刑を強化し、飲酒運転2回摘発時には免許を取り消す制度を導入する。 

 警察庁は28日、こうした内容の飲酒運転根絶対策をまとめ推進する計画だと明らかにした。警察はまず道路交通法を改正し、現行の取り締まり基準である血中アルコール濃度0.05%を0.03%に強化する。 

 警察関係者は「現行法上の飲酒運転の法定刑が低いという指摘が相次いでおり、基準引き上げを推進することにした、2杯ぐらいは大丈夫だという認識を遮断するため取り締まり基準も強化する方針」と明らかにした。 

 ただ、法改正までは立法手続きなどが必要で、実際の導入までは多少時間がかかると予想される。 

 また、車両の押収も積極的に行われる。飲酒運転の場合は再犯の懸念が高いという判断からだ。警察は飲酒前科者が飲酒運転で死亡事故を起こした場合には車両を押収するという現行指針に「重傷害事故」を追加する方針だ。 

 合わせて「過去4年間に4回以上」飲酒運転をした前科者が再び摘発された場合に車両を押収するという規定を「過去5年間に3回以上」に強化する。 

 「ツーストライクアウト制度」も導入する。これまでは飲酒運転3回摘発時に免許取り消しになったが、実効性が弱いという指摘が出ていることから「2回」に強化した。 

 一方、警察は来月1日から3カ月間にわたり「全国飲酒運転特別取り締まり」に出る。警察は午前0時から午前6時まで飲酒取り締まりを強化し、毎週金曜日の夜間には全国で同時集中取り締まりを実施する。 

 特に歓楽街、飲食店、遊園地などを中心に20~30分単位で取り締まり場所を移す方式で取り締まる予定だ。 

https://japanese.joins.com/article/520/246520.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------


この日本で飲酒運転による事故を起こしている屑チョンも相当な数になります。


これ以上我々日本人に犠牲を出さないためにも、この日本で朝鮮ヒトモドキどもに車を運転させることを禁じたいものです。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















医療の診療回数はOECD最多なのにwwww 健康に自信があるバ韓国塵はOECD平均の半分以下wwww

バ韓国塵の年間診療回数はOECDで最多


自分の事を健康だと思っている屑チョンの割合は、32.5パーセントほどなんだとか。


これはOECD平均の半分以下の値です。


屑チョンどもの年間の医療の診察回数は17回で、OECD内で最多!!


それなのに、健康状態にまったく自信がないとは笑わせてくれますwwww




自分が健康体ではないと思い込むのは、神の采配かもしれませんね。


思い込みの力でどんどん健康を害してもらい、その醜い一生をさっさと終えていただきたいものです。



そもそも、この時代に朝鮮ヒトモドキという種が絶えていないことが大きな間違いなのですから!


-----------------------
「自分は健康」と思う人の割合 韓国はOECD平均の半分以下

 経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち韓国は平均寿命が長いにもかかわらず、韓国国民は自身が健康だと考える人の割合が低いことが分かった。

 このほど韓国の保健福祉部と国民健康保険公団がまとめた資料「2018OECD保健統計」によると、満15歳以上の韓国人のうち健康状態が良好だと考える人の割合(2016年)は32.5%にとどまった。OECDの平均(67.5%)よりはるかに低い。ニュージーランドが87.8%で最も高く、日本は35.5%だった。

 韓国人は自身が感じる健康状態の水準が低いが、平均寿命(16年)は82.4歳でOECD平均の80.8歳を上回った。平均寿命が最も長い国は日本で84.1歳。最も短い国はラトビア(74.7歳)だった。

 また、自身の健康について実際の健康状態よりも否定的に受け止める傾向からか、韓国国民1人が医師の診療を受ける回数(16年)は年17.0回で、OECD加盟国のうち最も多かった。OECD平均は6.9回だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/28/2018102801078.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国前大統領パククネ婆の指示!? 元徴用工訴訟を遅らせていた大法院関係者が逮捕される!!

バ韓国前大統領パククネ婆に忖度していた最高裁関係者が逮捕


元徴用工の損害賠償訴訟の件で、バ韓国大法院の元次長が逮捕されていました。


パククネ婆の意向を汲んで、判決を遅らせるように働きかけていたというのです。



ま、驚くようなことじゃありませんね。

バ韓国では法がまともに機能せず、時の政権の気分次第でいくらでも判決が覆るんですからwww



これは、パククネ婆に限ったことではありません。


現在進行形で、文大統領の意に沿うべく法定が飴細工のようにネジ曲げられています。


文大統領の任期終了後、どれだけの逮捕者が出るのか今から楽しみですなぁ。




それにしても、

こんな国が法治国家を名乗るだなんて本当におこがましい話です。



-----------------------
韓国前政権、判決遅らせるよう働きかけか…逮捕

 聯合ニュースによると、韓国検察は27日、元徴用工の韓国人が日本企業に損害賠償を求めている訴訟に関連し、朴槿恵(パク・クネ)前政権の意向を踏まえ大法院(最高裁)の判決を遅らせたとして、最高裁の関連機関「法院行政処」の林鍾憲(イム・ジョンホン)元次長を職権乱用などの容疑で逮捕した。

 一連の訴訟では韓国の高裁が2013年、新日鉄住金や三菱重工業に賠償を命じる判決を言い渡し、日本側が上告して以来、審理が事実上、止まっていた。最高裁で賠償判決が確定すれば、1965年の日韓請求権協定で解決済みとする日本政府との関係悪化は避けられないため、当時の朴政権が判決を遅らせるよう司法に働きかけたと検察は見ている。

 最高裁は今年に入って新日鉄住金を巡る訴訟の審理を開始し、今月30日に判決を言い渡す予定だ。

https://news.infoseek.co.jp/article/20181028_yol_oyt1t50010/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る