不正受給で日本をダメにする

やはりヒトモドキどもは日本の癌ですね。
さっさと切開して、燃えないゴミの日に出すか、祖国に送りつけたいものだ。

この国を良くするには、在日の住みにくい社会にするのが一番の早道のような気がしてなりません。

-----------------------
「何でもらえるものをもらわないのか理解できない。日本人はどれだけ間抜けなのか」 

 男性A(26)は笑いながらこう語る。 

 両親ともに東南アジア出身の在日外国人2世で、妻と子の3人暮らし。製造会社の正社員として働いている。愛車は、新車価格約300万円の国産車。何不自由ない生活を送りながら、その懐には国から毎月決まった額の“お小遣い”が入ってくる。 

 「妻が去年から生活保護を受けているんだよ。児童手当やほかの福祉手当を合わせて月20万円が丸々入ってくる。僕の給料と合わせると(月の世帯収入は)50万円ぐらい。年収にすると600万円以上になるね」 

 本来、生活保護は「生活に必要な収入を得るだけの労働が不可能」な人のみが得られる福祉制度だ。 
家族を養えるだけの定職を持つAは、この条件に当てはまらず、紛れもない不正受給になる。 
なぜこんなことが可能なのか。 

 「妻とは離婚してるんだ。といっても、書類上の話。偽装離婚ってやつだよ。役所に妻に『子供を抱えて生活できない』って訴えさせたら、すぐに(生活保護の)受給が認められたよ」 


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120524/dms1205241810016-n1.htm 
-----------------------





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ