受信料で反日教育

我々の支払った受信料で、反日番組をタレ流すNHK。
いや、この事態って相当やばくないですか?

これだけ韓国の馬鹿さ加減が知れ渡っているのにも関わらず、韓国推しで日本を侮辱する内容。

とても正気の沙汰とは思えません。

-----------------------
 さる平成25年1月31日放送のNHK教育の『NHK高校講座 世界史「朝鮮半島の20世紀」~開国から南北分断へ~』の内容があまりにも酷過ぎるとの情報が寄せられた。 

 さっそく動画サイトで視聴してみると、確かに酷い。その一言に尽きる。当日の放送で招かれたゲストは朝鮮半島に関する講座ということで韓国人タレントのヒョンギ。冒頭から2人がアンニョンハセヨとする挨拶で番組が始まる。 

 いきなり登場したのはサムソンのスマートフォン。しかし、NHKでは特定商品の宣伝は禁じられているはず。ヒョンギが何気に持ち出したもので、いかに韓国製スマホが高性能であるかのような宣伝を兼ねて韓国が経済成長したと誇張(動画1分7秒辺り)。そこまでたどり着くには苦難の道のりがあって、日本も深く関係している(日本の責任である)と言及することを忘れない。 

 番組中、決まり文句となった日本の「植民地支配を受け…」とした表現が度々用いられ、虚偽の表現をしている。日本の朝鮮半島統治は併合であって植民地支配ではない。

 VTRでは「神社への参拝を強要した」と表現されたりしているが、実際には神社への参拝を朝鮮人にも許可したものである。恒例の如く「創氏改名」で日本風の苗字を強制されたとも主張しているが、実際は朝鮮側からの要望で実現したものであり、また姓名の選択も可能であった。「日本語教育が徹底された」と表現し、日本語教育が強制であったような表現をしているが、これも実際には「日本語教育」は朝鮮半島側からの要望で実現。 

 そして極めつけは、「日本のためにコメを増産させられた」(動画4分45秒辺り)とする表現が出てくるが、実際は日本の農業指導のおかげでコメの生産率が上昇したものである。大戦中、戦況が悪化してくると朝鮮人に対して猶予されていた動員も始まるが、番組ではやたら「朝鮮人が徴用された」と被害者であるかのように表現している。 

(ソース) 
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51884704.html
----------------------- 



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ