靖国参拝は個人の心の問題。朝鮮ごときが口出しするんじゃない!

本当に韓国ってやつは基地外の集団なんですね。

「麻生副総理が靖国に参拝したから、外相会談を中止するニダ!」とファビョっているようです。

で、日本の反応は「外相会談をやり、やらないさえ決まっていなかった」、「それぞれの国にはそれぞれの立場がある。あまり影響を外交に及ぼすべきではない」と珍しく強気な発言です。

いや、本当はもっと強気になってもいいところですが、民主時代に比べれば格段の進歩でしょう。


ただ、これが強気な日本をアピールするポーズでないことを祈りたいです。
国民に隠れて、裏でべったりなんてことがないように今後も注目していきたいものですね。



-----------------------
靖国参拝「心の問題」と菅長官、韓国訪日中止で

菅官房長官は22日午前の記者会見で、麻生副総理ら閣僚3人が靖国神社に参拝したことについて、「私人として参拝したものと理解している。個人の私的な行動であり、心の問題だ。内閣が制約をかけるべきではない」と述べ、政府として問題視しない考えを示した。

韓国が外交相の訪日を中止したことについては、「(外相会談を)やる、やらないさえ決まっていなかった。調整はしていたが、韓国側から何も聞いていない」と述べた。その上で、「それぞれの国にはそれぞれの立場がある。あまり影響を外交に及ぼすべきではない」と語った。

(2013年4月22日13時10分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130422-OYT1T00691.htm?from=main6
-----------------------