下等動物が人類の真似をするんじゃない!!


馬鹿ウンコ喰うの売春婦が推計189万人との統計が出た模様。
たったこれっぽっちなワケはありません。

海外で股を開く糞チョンや、在日2世、3世のメスも加えれば、軽く見積もってもその10倍はいることでしょう。

さすが、売春国家! 面目躍如ってやつですね。



あ、ちなみに、
売春婦という職業を見下すつもりはありません。

ヒトモドキが出生を隠して、人類と交雑するのが許せないだけなのです。




-----------------------
韓国の売春従事者は推計189万人 韓国紙が伝える“先進大国”ぶり

「売春」とは、普通は男性が買い手だ。ところが「売買春の先進大国」では男も女も買い手になり、売り手にもなる。

 高級ホストクラブは、すでに1980年代からソウル名物だったが、いまや「価格破壊」の波に乗り、安価なホストバーが次々と誕生している。

 韓国紙「朝鮮日報」(2013年3月3日)がルポしている。

 それによると、大きなホストバーは24時間営業で、300人のホストが3交代制で待機している。夕方までは家庭の主婦、夜はOL、深夜から明け方にかけては、水商売の女性たちがメーンの客だ。

 ルポは書いている。

「ほとんどの店は店内での性行為を禁止している」と。つまり「お持ち帰り」が原則だが、一部の店では店内のソファで「できる」ということだ。

「腹立ちまぎれの間男遊び」とは朝鮮半島の格言だが、今や「買い物ついでの(会社帰りの)ホストセックス」のようだ。

 韓国は男尊女卑の国と言われるが、こと売春に関しては「男女同権の先進国」なのだ。

 もちろん、主流は男性が買い手だ。

「洋風妓生(キーセン)料亭」と言うべきルームサロン、だんらん酒場、カラオケホステス(ホストもいる)、チケット喫茶(コーヒーの注文を受けた形のデリバリー型売春)、マッサージ店、キス部屋(韓国では「性交類似行為の店」という)…と、売春インフラが整っている。

「ネット大国」と自慢することだけのことはある。ネット系の売春婦がどれだけいることか。

 さらに、路上には低所得の高齢者相手を専門にする高齢女性たちがいる。70歳代も珍しくない、と韓国の左翼新聞が報じていた。その料金は「ちょんの間(=短時間)で1000円」ほどらしい。

 韓国では、飲み屋で横に座り酌をする女性は、原則として「支払額を明示してお願いすれば“できる”」とされる。

 韓国の新聞報道を丹念に追っていけば、2011年12月9日の「韓国経済新聞」で、「男性連帯という民間団体の推計では(韓国の売春婦は)189万人」という数字に突き当たる。
 人口5000万といっても、女性は半数。その中には幼児もいるし、病気の人もいるはずだ。すると「実効売春婦比率」は何%なのか。

「わが国は輸出大国」と韓国人は自慢する。貿易依存率が100%を超えるほどの異様さだ。そして、売春婦の輸出大国でもある。日本と米国には数万人単位でいるとされる。

 日本には、ワーキングホリデービザを利用して入国する韓国人売春婦が多数いるという。それなのに、「日韓青少年交流拡大のため」といった名分がつくと、ワーキングホリデービザの枠拡大に賛成する日本の政治家とは何者なのだろうか。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130627/frn1306270708000-n1.htm
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ