発言を歪曲するのがマスゴミの得意技です


麻生副総理の「ナチスのやり方を学んだらどうか」という発言に対し、馬鹿ウンコ喰うが猛批判している模様。


糞チョンどもが批難しているということは、日本にとってプラスになる人材ということでしょう。
馬鹿どものおかげで非常にわかりやすくなっていますね。
非常にいいことです。

ちなみに、麻生氏の発言を批判している野党は売国奴ということになりますね。
これまたわかりやすくて大歓迎です。


漢字の読み間違い、カップラーメンの値段等どうでもいいような事で政治家を批難するようなマスゴミも同じく売国企業ってことです。

純粋な日本人として、本当に日本のためになる政治家を応援していきたいものです。



-----------------------
ナチス発言の麻生氏「謝罪も辞任もしない」

安倍内閣閣僚が擁護、野党やメディアは批判

 日本の麻生太郎副総理兼財務相は2日、東京都内で記者会見を行い「私の発言は(ドイツの)ナチス政権を正当化するものではない。(発言を撤回し釈明したことで)私の真意は十分に理解されたと思う」として「辞任するつもりはない」と述べた。また、自らの発言に反発する米国のユダヤ人団体や韓国、中国に対し謝罪する考えがあるかという記者たちの質問にも「(謝罪する考えは)ない」と答えた。

 麻生氏は憲法改正問題をめぐり「ナチスのやり方を学んだらどうか」と発言し、諸外国の政府や世界の有力メディアから批判を浴びた。これを受け、今月1日「憲法改正をめぐるあしき例としてナチスに言及したことで誤解を招いただけに、これについての発言を撤回する」と述べた。

 安倍内閣の閣僚たちは麻生氏を擁護した。日本政府のスポークスマンに相当する菅義偉官房長官は、野党が国会で麻生氏の発言について追及する姿勢を示していることに対し「麻生副総理が自らの信念とは異なる方向で誤解を招いたと釈明しているだけに、国会で議論するような問題ではない」と語った。また、甘利明経済再生相は「麻生副総理が簡潔に説明しようとしたことで生じた誤解だと思う。国際関係に影響を与えないよう、きちんと説明すべきだ」と述べた。

 だが、日本の野党やメディアは「麻生氏が謝罪することなく、ただ発言を撤回するだけで済むような問題ではない」と批判している。朝日新聞は「問題の発言全体を見ると、麻生氏の釈明は苦し紛れな言い訳だ」と報じた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/08/03/2013080300560.html
-----------------------





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ