ガソリンをブチ撒けて

ライターに着火して


ファイヤー!! 放火はチョンの嗜みです


自分の車にだって放火!!


馬鹿ゆえに他の方法がとれません



糞チョンと放火は切っても切れない間柄です。
ちょっとした事でキレて火病を発病し、あたりかまわず火を点けたがるのが朝鮮ヒトモドキの特徴なんです。


別の報道によると、この男は「サウナの経営者とトラブルを抱えていた」「あまりにも悔しかった。法律では到底、解決できないと思った」と供述している模様。
また、男はガスボンベを16本も持って押し入っていて「爆発させるつもりだった」と話しているそうです。


なにもこの男が異常だとは思いません。
「あまりにも悔しかった。法律では到底、解決できないと思った」場合、放火や暴力に走るのが糞チョンなのです。
日本に巣食う在日どもや、帰化した元チョンも同じです。

我々日本人の平和な日常を取り戻すためにも、糞チョンどもを一刻も早く追い出したいものです。




-----------------------
男がサウナに放火、その瞬間が防犯カメラに 韓国・済州島

 韓国・済州島(チェジュド)のサウナで28日、放火事件が発生した。放火の瞬間を防犯カメラがとらえていた。売店の商品に、男がガソリンをまき散らした。

 驚いた女性店員が駆け寄った次の瞬間、男が火を投げ入れ、売り場は一瞬にして、炎に包まれた。

 韓国・済州島のサウナで、28日に発生した放火事件。この時、サウナには、およそ60人の客がいたが、男が火をつけた瞬間、客は一斉に避難した。現場で男を制止しようとした女性店員は、足に大やけどを負った。けがをした女性店員は「ガソリンが足についていたので、すぐに火が足につきました」と話した。

 この男は、この売店の運営者の1人だった。売店に放火する直前にも、男は、駐車場で自分の車に火を投げ入れ、放火していた。男は、地元テレビ局の取材に対し、犯行の動機について「わたしの胸の内にあることをアピールしようと、罪を犯しました」と語った。
 男は、別の共同運営者とトラブルになっていたということで、警察は、男を殺人未遂と放火の疑いで逮捕した。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00252820.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ