100パーセント、操縦士の責任です


今年の7月にサンフランシスコで起きた韓国アシアナ航空の着陸失敗事故。

もうそろそろ3カ月が経過しようというのに、いまだ遺族や負傷者への支援が進んでいないようです。

きっと糞チョンどもは忙しいんでしょうね。

機体が悪かったとしてボーイング社を訴えたり、
管制システムが悪かったとしてアメリカ政府を訴えたり、

と大忙しみたいです。



こんな糞だらけの朝鮮半島。
ここに核爆弾を落とす国が現れても、きっと世界中から賛同されるでしょうね。



-----------------------
アシアナ機事故の事後処理、いぜん進まず―中国メディア

 2013年9月28日、重慶時報は、7月6日にサンフランシスコ国際空港で起きた韓国アシアナ航空の事故について、同社の事後処理対応はいまだ一定のレベルに達していないと伝えた。

 現在米連邦政府はアシアナ航空に対し、事故の事後処理が乗客家族支援の法的義務を履行しているかを調査している。同社は事故時の家族支援プランを米政府に提出しているが、その内容を精査すると事故後に開設すべきだとされる無料ホットラインを規則どおりに開設していないなどの不手際が目立った。

 在サンフランシスコ中国総領事館の総領事はすでに2度ほどアシアナ航空の社長と面会している。そのなかで総領事は同社の事後処理についていまだ満足のいくレベルではないとし、特に死者の家族や負傷者に対し支援を強化するよう求めた。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20130930006/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ