日本産のコメは人類向けの食べ物です


東日本大震災による原発事故の影響で、韓国に輸入される日本の農産物や水産物が激減しています。
しかし、それらの農産物や水産物を原料とした加工食品は逆に増加していることがわかりました。

たとえば、福島県産のコメは輸入禁止品目となっていますが、福島県産のコメで製造された日本酒は何の問題もなく輸入され続けているとのこと。

それを受け、韓国の野党が政府に対して「韓国政府は輸入についての管理が杜撰ニダ! 福島県産の水産物や加工品だけではなく、すべての日本産の食品の輸入を禁止するべきニダ!」とファビョっています。


どうぞ! どうぞ、どうぞ、どうぞ!!


そもそも日本産の食品は、韓国人向けではありません。
キムチで脳と舌がバカになっていて、大腸菌や寄生虫入りの食品が当たり前の韓国人にとって、日本食品の味を理解できるワケがないのですから。


自分の肛門からひり出した人糞を食べることが、もっとも韓国人にお似合いです。



-----------------------
米はNO、日本酒はOK…日本産加工食品の輸入が増加=韓国

 韓国野党・民主党の南尹仁順(ナムユン・インスン)議員は21日、東京電力福島第1原発事故以降、日本産農水産物の輸入量は減少傾向にあるものの、加工食品の輸入量はむしろ増加していると指摘し、韓国政府の輸入措置について批判した。複数の韓国メディアが報じた。

 南尹議員は、韓国食品安全処が提出した国政監査資料「日本産農産物と加工食品、水産物の輸入推移」を分析。原発事故発生前の2010年と12年の日本産食品の輸入量を比較した結果、農産物は59.1%、水産物は68.1%、健康機能食品は51.1%、食品添加物は39.5%減少したが、加工食品は6.9%増加していた。

 加工食品の輸入推移をみると、10年に4万3598トンだった輸入量は、11年に4万293トンとわずかに減少したものの、12年は4万6586トンへと増加に転じた。13年は9月末の時点ですでに5万822トンに達している。

 韓国政府は11年3月25日に13県26品目の輸入を中断する措置を取っているほか、13年9月6日には福島など8県からの水産物の輸入を全面的に禁止している。

 南尹議員は、福島県産の米は輸入禁止品目に入っているものの、福島県産の米で製造された日本酒は原発事故後から今年8月までに2万2454キログラム輸入されていることなどを指摘。韓国政府は日本産食品の輸入について管理がずさんだと批判した。

 南尹議員は「日本政府による放射能対策が徹底的に行われ、日本産輸入食品の安全に対する国民の信頼が回復するまで、福島県などの水産物や水産物加工品だけでなく、すべての食品の輸入を中断する方案を積極的に検討すべきだ」と主張した。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1021&f=national_1021_028.shtml
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ