天皇廃止論者のジャーナリスト、大谷昭宏


強制連行はあった!


いつもの韓国の寝言かと思ったら、日本のジャーナリストの弁でした。

河野談話の元になった調査は杜撰でデタラメだったが、だからといって強制連行の事実が無かったとは言えない

殺人事件で誤認逮捕したからといって、殺人そのものがなくなったわけではないのと同じだ


こうしたキチガイ理論を兵器で語るような奴がジャーナリストとはとんだお笑い草です。

従軍慰安婦など存在しないという証拠は、日本からのものだけでなく、アメリカなど第三者の立場の資料からも明らかです。
だのに、偽証婆の証言だけを信じて「強制連行はあった!」とは、朝鮮ヒトモドキの思考としか思えませんね。



ちなみに、この自称ジャーナリストは鳩山由紀夫首相(当時)偽装献金問題でルーピーを弁護する発言をしたり、生粋の天皇制廃止論者でした。


日本人の誰がこんな奴の言うことを信じるのでしょう?


-----------------------
「韓国慰安婦証言」スクープ!私はこう思う! 強制連行はあった”-ジャーナリスト・大谷昭宏

 慰安婦の強制連行があったか、なかったか、わからない段階で、今、日本が元従軍慰安婦の強制連行は「なかった」と言い張ること自体、間違っていると考えます。「あった」という人たちを支えているのは、元慰安婦のおばあさんたちの証言です。一方、「なかった」と主張する人たちは、根拠になるものや証人だっていません。

 それにもかかわらず、「河野談話」まで蒸し返して、口にすることは卑劣ではないでしょうか。

 加害者と被害者の双方を調べて徹底的に取材を行って、初めて正しい報道と言えます。産経新聞の報道は最初から「元慰安婦はデタラメでウソをついている」という意図に基づいているものです。つまり、この記事は、一方的にこうだと主張する記事ですから、強制連行の有無を証明する参考になりません。

 歴史は語られるものと、科学的に検証するものと2つあります。語られる場合は、為政者の都合のいいほうで作られることが多いのです。中国を見ても明らかですが、自分に都合の悪い歴史を変えて語るわけです。

 また、科学的歴史の検証は、いつ、どこで、誰が調べても同じ答え、結論が出てこなければならない。今回の産経の記事は「河野談話」の調査がずさんであるということを示したに過ぎず、強制連行の否定を、科学的に検証したものだとは思えないのです。

(呉智英氏の章で解説した)吉田清治氏の著書が、ずさんでデタラメなのは確かでした。でっち上げから従軍慰安婦問題は始まっていますが、強制連行の事実がなかったとは言えません。殺人事件で誤認逮捕したからといって、殺人そのものがなくなったわけではないのです。

 10年ほど前、大阪のイベントで元従軍慰安婦の方と会って話をしました。慰安婦の仕事によって、何人もの兵士の相手をさせられて、性的な病気になり、子宮摘出の手術を受けることになってできた傷もあるそうです。恥部をさらして、ここまで明らかにする、このおばあさんがウソをついても何の得もありません。また、そんな人に、お前はウソをついているだろうと言うほど失礼なことはないでしょう。私は、その人の証言を、重く受け止めるべきだと実感しました。

 性暴力は戦争時について回るとはいえ、しかたがなかったことで済ませられるものではない。謝っても、謝っても、謝りきれない戦争犯罪をしたわけですから、どこまでも、素直に認めて詫びるべきです。

 今後の補償については、日韓基本条約の時に決着がついているので、法律を盾にして戦ってもいいと思います。法律を盾にして補償金を支払わないからといっても、謝らないわけではないし、一度支払ったら際限なく続いてしまいます。

 従軍慰安婦の問題に関しては、ひたすら謝り続けないかぎり、日韓の溝は埋まらないのです。

http://www.asagei.com/16980
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ