在米韓国人の汚染が著しいニューヨークタイムズ


アメリカの大手紙ニューヨーク・タイムズで、記事風を装った韓国文化紹介広告が折り込まれました。

現在は隔週金曜日に折り込まれるとのことですが、来年からは毎週この折り込み広告が混ざってくるようです。



本当に糞どものやり方は卑劣ですね。

記事を装うことにより、さもニューヨークタイムズが認めたニダ! とミスリードさせたいのでしょう。


今でも、ニューヨークタイムズの読者投稿欄にのった文章を「ソースはニューヨークタイムズニダ!」とマッチポンプしています。


今後はこのマッチポンプがますます盛んになると思われますので、注意していかねばなりませんね。


-----------------------
韓国文化を紹介する記事広告、米大手紙で定期発行

 米大手紙ニューヨーク・タイムズが8日(現地時間)、韓国文化を紹介する8面にわたる記事広告「インサイド・コリア」を初めて発行した。韓国や韓国の文化、行事、話題の韓国人を紹介するもので、年内は隔週金曜日に発行し、来年からは週1回発行する予定だ。

 記事の形式で書かれているが、実際の制作はニューヨーク・タイムズと契約を結んだ韓国系の広告企画会社が行い、同紙は作成や編集、発行に直接関与しない。1ページ目の上段にニューヨーク・タイムズと一緒に配布する旨を記し、紙面の全ページに「広告」と表示している。年内はニューヨーク・マンハッタン5番街一帯の新聞販売所で売っている新聞にのみ折り込まれるが、来年からはニューヨーク全域に配達される新聞にも折り込まれるという。

 記事広告とはいえ、同紙が定期的に特定国の文化を紹介するセクションを編成するのは初めてで、韓国に関する情報を米国の読者にまとめて紹介できるため有益だと評価されている。

 同日付のインサイド・コリアには、新羅時代の文化財を紹介するメトロポリタン美術館の新羅展をはじめ、先ごろマンハッタンで開催された「コリア・フード・フェア2013」のニュースなどが掲載された。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/11/2013111101050.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ