辛ラーメンは人類向けの食べ物ではありません


震災直後のような非常時でも売れ残っていた「辛ラーメン」。

そんな「辛ラーメン」から、ヒ素、鉛、銅などが検出されたようです。
台湾での調査によるものですが、その他にも水銀まで含まれていたようです。

ヒ素や水銀入りのカップラーメンだなんて、どう考えてもテロ行為ですよね?

輸出先の国の市民を殺しにかかっているとしか考えられません!



日本に輸入されている「辛ラーメン」は一つ残さず在日どもに喰わせたいものです。



市場から韓国製品を排除し、日本中から朝鮮ヒトモドキどもを駆逐する。
我々日本人の生命や財産を守るためにも、一刻も早く実現せねばならないのです!



-----------------------
即席ラーメンの調味料の袋から重金属を検出
 
 台湾紙「今週刊」は13日、10月と11月に複数メーカーの即席ラーメンの調味料の袋から銅、鉛、ヒ素、水銀などの重金属が検出されたと報じた。統一企業は11月14日、「重金属の含有量は国家基準の範囲内である」とコメントした。
 
 サンプル商品は「維力炸醤麺醤料袋」やカルフールで購入した「康師傅香辣牛肉麺」、統一肉燥および韓国の辛ラーメン含まれる。
 
 2回に分けて検査を受けた7つのサンプルのうち、味王原汁牛肉湯麺の調味油から微量の銅、五木香葱拌面からヒ素と銅が検出されたほか、康師傅香辣牛肉麺、韓国の辛ラーメン、統一老壇酸菜牛肉麺、味丹味味A排骨鶏湯からいずれもヒ素、鉛、銅が検出された。ネットで購入した美食阿舎排骨鶏湯麺から上記3種類の重金属のほか、水銀まで検出された。
 
 そのうち、統一老壇酸菜牛肉麺は銅と鉛の含有量がそれぞれ1.73ppm(mg/kg)と0.222ppmと最も高い。ヒ素の含有量が最も高かったのは韓国の辛ラーメンで0.532ppmだった。

http://www.xinhuaxia.jp/1131332235
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ