世界中に爆発テロをしかけるサムスン


日本の週刊誌、週刊文春が「日本のメガバンクが融資を打ち切れば、サムスンは1日で崩壊する」と主張しています。

現在韓国の金融市場では、日系の資金が約4兆2800億円ほども流入しているそうです。
これらの資金を一斉に引き揚げれば、韓国経済の屋台骨を支えているサムスンが一日で瓦解するとの計算です。


これに対して韓国は

「日本の金融機関はあくまでも投資目的なので、資金を一気に引き揚げることはないニダ!」
「日系資金が同時に引き揚げられたとしても、欧米に借入先を変更すればいいニダ!」

と楽観的なようです。


一旦投資してしまったからには、中途半端なタイミングで引き揚げられないのはわかりますが、このままでは負債が膨らむだけのことでしょう。


韓国にトドメを刺すために、日本の金融機関もある程度の負債を覚悟のうえで一斉に引き揚げてもらいたいものです。


「韓国を滅ぼしたという功績があれば、その負債を税金で賄うのもやぶさかではない」、
そうプラス思考で考える日本人は案外多いのでは?



-----------------------
文春報道は「荒唐無稽」、サムスンや専門家反論

 日本の保守系週刊誌、週刊文春(最新号)が「韓国の『急所』を突く!」と題する記事で、韓国にとって最大の急所は経済であり、金融制裁やウォン高誘導で韓国経済をコントロールできるという趣旨の主張を展開したことが波紋を呼んでいる。しかし、韓国の経済専門家は、同誌の主張は経済的な論理に合わない荒唐無稽な内容だと分析している。

 同誌は「日本のメガバンクが融資を打ち切れば、サムスンは1日で崩壊する」と主張した。これについて、サムスン電子関係者は「借入金もほとんどなく、日本の資金には全く依存していない」と反論した。現在、韓国の金融市場には日系資金が約427億ドル(約4兆2800億円)流入している。極端なケースとして、日系資金が同時に引き揚げられたとしても、外貨準備高(3430億ドル)の一部を一時的に融通し、欧米に借入先を変更すればよい。

 金融業界関係者は「借入金には期限があるため、一気に引き揚げることはできず、日本の金融機関も利益を上げるために韓国に融資や投資を行っているのであって、政治的な論理で資金を一気に引き揚げることはないはずだ」と指摘した。

 さらに、国際金融市場での資金の流れは、国家信用度に左右されるため、日本が資金を引き揚げても、結局は資金が迂回(うかい)して韓国に流れることになる。韓国は最近、ウォール・ストリート・ジャーナル、フィナンシャル・タイムズなど欧米メディアに「新興国危機で韓国が資金の避難先になっている」と評価されるなど、危機に強い国として国際的に認められている。

http://news.livedoor.com/article/detail/8257941/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ