中国と韓国が地上の癌なのです


韓国全土を汚染しまくっているPM2.5。

そんな韓国は、中国に対して「韓国の大気質改善ノウハウを中国と共有し、中国の大気質改善に役立ちたいニダ!」と改善を促しているようです。

しかし、なんどもそう言っているのにも関わらず、
中国にガン無視されているとのこと。



まあ、糞シナと糞チョン同士のことなので関わり合いになりたくないものですが、日本にも被害が及んでいるので高見の見物というワケにはいきませんね。



ま、朝鮮半島がフィルターの役割をして、日本の被害を少しでも減らしてもらえればラッキーですね。



-----------------------
越境大気汚染問題、韓国の協力要請に応じない中国

 韓国は中国と同じ空の下で暮らしている。地球が自転しているため、同じ偏西風帯(中緯度地域で上空に絶えず偏西風が吹いている地帯)に属する中国の大気は必然的に韓国に流れ込んでくる。中国で発生した粒子状物質(PM10)や微小粒子状物質(PM 2.5)も、同じ偏西風帯で周辺の気圧配置までが一致すれば韓半島(朝鮮半島)へ一直線に飛来する。そのため、韓国国内の粒子状物質を減らすには中国との協力が切実に求められるが、中国は国内の大気汚染数値の公表や共同研究に消極的な姿勢を示している。韓国だけが「一緒に粒子状物質を減らそう」と呼び掛けている状況だ。

■韓中の政策協力進まず

 韓国環境部(省に相当)の尹成奎(ユン・ソンギュ)長官は11月22日、ポーランド・ワルシャワで開催された国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP19)の場で中国国家発展改革委員会(NDRC)の解振華副主席(閣僚級)と会合を行った。尹長官は「韓国の大気質改善ノウハウを中国と共有し、中国の大気質改善に役立ちたい」と述べ、大気汚染状況の公開や共同研究の早期推進を遠回しに促した。

 今年5月の韓中日環境相会合で3カ国が越境大気汚染問題の改善に向け政策対話の場を設けることで合意して以降、韓国政府は毎月のように中国政府に協力を要請してきた。6月の韓中首脳会談でも環境・気候変動での協力で合意を取り付けたほか、数回にわたり中国環境保護部の高官と会合したり、協力を求める書簡を同部に送ったりと積極的に働き掛けてきた。だが「中国側は『分かった』と言うだけで、実際の措置は先延ばしにしている」(環境部関係者)という。粒子状物質を減らすための中国との政策協力はほとんど進んでいないのが実情だ。

 日本や米国も韓国と事情はさして変わらない。中国側がいつまでたっても大気汚染データを公表しないため、在中米国大使館は独自に北京の大気を観測。今年1月には「北京のPM 2.5濃度は最高で1立方メートル当たり886マイクログラム」と公表した。

 こうした発表に対し、中国は米国と外交摩擦を起こすほど敏感に対応した。中国のマスコミも韓国や日本の報道に不満顔だ。「韓国や日本のマスコミが『侵入』『襲撃』といった表現を使い、中国発のスモッグをセンセーショナルに報じている」(環球時報)、「粒子状物質は風に乗って韓国まで飛散するほどではない」(新京報)などと報じている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/01/2013120100164.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ