爆発の威力も5倍増し

韓国の研究グループが、携帯のバッテリー容量を5倍以上に増加させる技術を開発したそうです。



殺傷能力5倍ってことですね。



こんなん航空機の中などに持ち込んでも大丈夫なんでしょうか。

我々の知らないうちにこっそりと日本製品に組み込まれないことを願いたいものです。


-----------------------
携帯のバッテリー容量が5倍に、韓国研究グループが開発

 携帯電話のバッテリー使用時間を5倍以上へ増やせる未来型バッテリー製造技術を国内研究グループが開発した。

 KAIST新素材工学科のキム・ドギョン教授とKAIST・EEWS(Energy、Environment、Water and Sustainability=持続可能なエネルギー環境水資源)大学院のチェ・ジャンウク教授(39)は3日、既存のリチウムイオン・バッテリーより効率の良い「リチウム硫黄バッテリー(重さ1キロ、出力387W基準)を完全に充電すると、5時間24分間使える。携帯電話に使われるリチウムイオンバッテリーにも同じ基準を適用すると、1時間が使えるため、リチウム硫黄バッテリーの使用時間が5.4倍長いと、研究チームは説明した。

 研究チームは、バッテリーの効率を高めるため、75nm(ナノメートル、1nmは10億分の1m)の太さに長さ15μm(マイクロメートル、1μmは100万分の1m)の細い黄ナノワイヤーを作って、電極材料として使用した。

 また、充電と放電を繰り返すと、電気貯蔵容量が急激に減少する問題も解決した。黄ナノワイヤーの表面に酸素をコーティングしてバッテリー内部で黄が溶けるのを防止した結果、300回の充電と放電の後に初期容量の99.2%、1000回の充電と放電の後も70%以上の容量を維持した。携帯電話を毎日1度ずつ充電しても3年以上問題無しに使えるという意味だ。

 キム・ドギョン教授は、「携帯用電子機器のバッテリー使用時間を大幅に増やせるのはもちろん、電気自動車や無人飛行機の動力源にも使える」と話した。

 今度の研究成果は、材料化学分野の国際学術誌の「アドバンスト・マテリアルズ」3日付けの表紙論文として掲載された。

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013120419328
-----------------------

韓国人の言うことは話半分、いや話10分の1くらいで聞いておいたほうが無難ですね。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ