F1世界王者、セバスチャン・ベッテル、自らコース上の釘拾い
▲コースが危険すぎてドライバー自ら釘拾い。韓国のサーキットの荒れようはまさに韓国人そのもの。

先日お伝えしたF1の韓国GP消滅ですが、正式に決定されたようです。

まずは、関係者の皆さまおめでとうございます。

韓国が関わるとその分野は衰退し、韓国が関わっていない分野は繁栄する。
という法則発動で、F1人気が復活していくことでしょう。


韓国側は、懲りもせずに2015年に再開催したい意向があるようです。

しかし、

>FOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっている
>FOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっている
>FOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっている
>FOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっている
>FOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっている


ま、そりゃそうですよね。
糞韓国で開催することに意味なんてあるわけがありません。


-----------------------
2014年F1から韓国GP“脱落”…開催権料めぐり決裂=韓国

 4日、フランス・パリで開催された世界モータースポーツ評議会(WMSC)総会で、2014年のF1正式日程が発表され、韓国、ニュージーランド、メキシコを除く全19戦の開催で確定した。複数の韓国メディアが報じた。

 公式日程から消えた3つのGPは、9月30日に発表された暫定カレンダーには含まれていたが、修正され、最終的に外された。

 2010年からスタートした韓国GPは、これまでの累積赤字が1910億ウォン(約184億円)に達しており、大会の持続が危ぶまれていた。レース会場がある韓国全羅南道の道議会は、正式日程前に開いた予算決算委員会で、14年度の開催が不透明との理由で開催権料70億ウォンの予算を保留にしていた。

 韓国GPの脱落は、全羅南道傘下のF1組織委員会がフォーミュラワンマネジメント(FOM)側に開催権料の追加引き下げを求めたものの、拒否されたことが原因とみられている。F1組織委員会は慢性的な赤字を理由に、12年は4370万ドル(約44億6000万円)だった開催権料を13年は40%水準の2700万ドルまで引き下げており、14年度はさらに2000万ドルまで引き下げるよう強く求めていたという。

 全羅南道はFOMと交渉し、2015年4月か10月に再開催したい考え。しかしFOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっているとみられ、全羅南道の思惑通りに交渉が進むかどうかは不明という。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1205&f=national_1205_006.shtml
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ