次々と墜落していくことでしょう


うひょーっ!
なんてワクワクするニュースなんでしょっ!


アメリカの専門家が「韓国はアメリカ・ロシア・中国で作られたものに近い次世代戦闘機を製造することができる」と太鼓判を押したようです。

これを受け、韓国では「アメリカ依存から脱却するニダ!」との声も上がっているようです。




糞チョンにこれ以上頼られるのに飽き飽きしたアメリカの作戦ってやつですね。



目を閉じれば、韓国製の戦闘機が理由もなく次々に墜落していく様が浮かんできます。




韓国さん!
頑張って我々を笑わさせてくださいませ。


-----------------------
韓国が戦闘機製造で「米国依存」から脱却か、米専門家は「韓国も大国製造と同等の戦闘機作れる」―中国メディア

 中国紙・環球時報(電子版)は3日、米ハドソン研究所のリチャード・ワイツ政治軍事分析センター主任が「韓国は資金と資源を結合させれば、米国やロシア、中国製の性能に近い第5世代戦闘機を製造することができる」との見方を示していると報じた。

 ワイツ氏は「韓国の国産戦闘機計画(KFX)も証明している。資金と資源を結合させれば、小国も第5世代に近い戦闘機を製造できるということを。性能も米国やロシア、中国といった大国が生産した戦闘機に近いものが作れる」と指摘。「KFXを達成させれば、資金が足りず、F-35を買えない国にとってはかなりの魅力になる」との見方を示した。

 多くの韓国人にとって、KFXは「尊厳」を代表する存在。韓国航空宇宙学会の趙鎮守会長は「われわれは米国に頼り過ぎていた。KFX計画の最高の使命は戦闘機技術の面で独立を果たし、米国依存から脱却することだ」と話している。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/367642/
-----------------------