世界中から嫌われる国、それが韓国


香港メディアの報道によると、韓国と台湾は常に対立関係にあるようです。
双方の経済の70パーセントが競合しているのが大きな要因と見られているようですね。


ま、韓国と対立していない国なんて世界中どこを探してもありませんが。


台湾の味方をする国は数多くありますが、韓国の味方をする国なんて想像できません。


我々日本人としては、全力で台湾を応援したいところですね。
放置しておいても間もなく韓国経済は崩壊するでしょうが、ここは日本の底力を発揮して崩壊速度を加速させるべきでしょう。



-----------------------
韓国と台湾はなぜいつも対立するのか?―香港メディア

 今年10月、韓国のテレビ局チャンネルAが故意に「台湾鯛(ティラピア)」を中傷する報道を展開した。許可なく撮影し、汚染された養殖場で飼育されているなどとでっち上げ、地元漁民に大きな打撃を与えている。

 台湾と韓国の争いはこれだけではない。台湾政治大学で朝鮮半島問題を研究している教授は「学術、商業、政治、スポーツの分野まで、台湾人が韓国人と一緒になると必ず争い事が起こる」と指摘する。

 11月には台湾公平交易委員会が韓国サムスンに35万ドルの罰金を命じた。サムスンは学生を雇ってインターネット上に台湾の携帯電話メーカーHTCを中傷するコメントを書き込ませていた。

 2010年アジア競技大会のテコンドーの試合でも似たような騒ぎがあった。台湾人選手が韓国籍の審判に「失格」を言い渡され、準決勝に進めなかった。騒ぎはその後、外交問題に発展し、台湾の馬英九総統も巻き込まれることとなった。

 こうした原因は、両者の経済分野における激烈な競争関係にあるとみられる。双方は経済の70%が同じ産業によって構成されており、韓国と台湾の輸出先がかぶることも珍しくない。これが両者の競争を激しくさせ、多くの特許訴訟案件を引き起こす要因となっている。

 韓国が2011年と昨年に相次いでEU(欧州連合)、米国と自由貿易協定を結んだことは台湾にとって大きな打撃だった。韓国と米国が協定を結んでから1年の間に韓国の対米輸出は3.89%増えたが、台湾の対米輸出は4.65%減少している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131210-00000003-xinhua-cn
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ