金のためなら平気で赤ん坊も殺せるのが韓国人


生まれて間もない赤ん坊を3万円ちょっとで購入した糞チョンの夫婦とその家族。

こいつらはその子供をダシに保険金詐欺を働いていました。


この母親役は当初「自分で産んだ子ニダ!」と主張していましたが、昨年に子宮摘出手術を受けていたことが判明し、犯行を認めたようです。


逮捕されるまでの間に3,000万円近くの保険金を騙しとっていたとのこと。



この屑っぷりは物凄いレベルですが、韓国人にしてみれば極めて平均的な屑なのです。




-----------------------
養子を迎え保険詐欺に利用、一家を検挙

34歳女を逮捕、夫や父親ら書類送検
育児困難なシングルマザーから乳児を引き取る
乳児名義で16件の保険に加入、235万円詐取

 生まれたばかりの赤ちゃんを違法な手段で養子に迎え、保険詐欺に利用しようとした30代の女とその家族が検挙された。

 釜山沙下警察署は23日、上記の容疑でO容疑者(34)を逮捕するとともに、夫(44)と父親(64)、ファイナンシャルプランナーのL容疑者(51)=女性=を書類送検した。

 警察によると、O容疑者らは今年3月、シングルマザーの女子大学生(20)がポータルサイトの質問コーナーに「新生児を育ててくれる人を探している」と書き込んだのを見て電話をかけた。女子大学生は出産後、病院で掛かった費用35万ウォン(約3万4000円)を支払えず、子どもを育てられない状況だった。O容疑者らは病院の費用を代わりに支払った後、4月に慶尚南道昌原市の馬山市外バスターミナルで、女子大学生が生んだ男児を引き取った。その後、O容疑者は父親やL容疑者を保証人として、自ら出産した子どもであるかのように装い、出生届を提出した。それから4日間、O容疑者は男児の名義で16件の保険に加入し、「息子が腸炎にかかった」「嘔吐(おうと)が続いている」などと称して保険金をだまし取った。

 2010年にファイナンシャルプランナーとして2カ月ほど勤務した経験があるO容疑者は、保険の特性について知識があった。上記のような手口で受け取った保険金は2400万ウォン(約235万円)に達した。このほか、O容疑者は自分の名義で13件、夫の名義で15件、実の娘2人の名義で13件の保険に加入し、2007年から最近まで、似たような手口により、2億8000万ウォン(約2750万円)ほどの保険金をだまし取った疑いも持たれている。

 警察によると、O容疑者は男児を「自分が産んだ子ども」と主張していたが、昨年2月に3人目の子どもを流産した際に子宮摘出手術を受けていたことが病院の記録によって明らかになったため、犯行を認めたという。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/24/2013122401113.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ