朝鮮人住むところに犯罪あって安寧無し


韓国のソウル大学の調査によると、

首都ソウルでは、地価の高い所は治安が悪く、地価の安い所では治安が良いという結果になったそうです。


うーん、地価というよりも単なる人口の問題のような気もしますね。




糞チョンが多く住んでいるところは犯罪が多く、糞チョンがあまり住んでいないところでは犯罪が少ない。


まさに、日本における在日とその在日が居住する区域の犯罪率と同じです。




糞在日の居住と往来を禁止する都道府県が出てきたりしませんかね?

安心して暮らせるということで間違いなく人気になりそうですし、地価も上がることでしょう。



-----------------------
韓国・ソウルの高級住宅地は“治安が悪い”=「犯罪マップ」で判明した意外な事実―韓国メディア

 2013年12月24日、韓国・朝鮮日報中国語サイトの報道によると、ソウル大学校の金敬民教授と李惠仁研究員は23日、「ソウル犯罪マップ」を発表した。

 同氏らは、2005~2011年の7年間ソウルで起きた79万2260件の5大犯罪(暴行、殺人、強盗、窃盗、性に関する犯罪)を分析。それによると、同市で地価が比較的安い蘆原区や道峰区が最も安全だと明らかになった。一方、2013年に同市の税収入で首位である江南区は安全指数で同市25地区中13位と決して治安が良い場所ではなかったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131225-00000022-rcdc-cn
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ