人糞、大腸菌まみれの海で作られる韓国海苔


糞チョンどもの報道なので眉ツバですが、アメリカでは韓国海苔が人気なんだそうです。

たとえ日本産の海苔であっても、わざわざ韓国産海苔と偽って売っている場合もあるんだとか。



うーん、到底信じられませんねぇ。
米国人はそこまで馬鹿じゃないと思うのですが……。
まあ、糞コリアンタウンの小売店だけの話の可能性が高いですね。


人糞をタレ流された海で養殖した韓国海苔は、冗談抜きで大腸菌まみれなのです。

米国人の多くがこのことを知らなかった場合、数多くの死人が発生しそうですね。



-----------------------
韓国海苔、日本海苔'ノリ'押して食べ物韓流率いる…成功秘訣は?

 韓国産海苔が新しい韓流を率いる展望だ。米国マートでは‘ノリ(nori・海苔の日本式表記)’の代わりに‘kim(訳注:韓国語でノリのことをキムという)’でも‘korean seaweed’をノリの包装紙に明示する場合が多いと2日、韓国経済が報道した。

 同紙は水産業観測センターの資料を引用し昨年初めから11月末まで輸出された韓国海苔が合計3714万束(371億4000万枚)と集計されたと報道した。2012年一年間に輸出した物量(3567万束)を11カ月で越えた。

 輸出額で見れば海苔の躍進はより一層明らかだ。韓国農水産食品流通公社によれば昨年1~11月、対米海苔輸出額は6108万ドルだ。これは前年同期比で31.6%増加した数値だ。米国に続き日本(5414万ドル)、タイ(3352万ドル)、中国(3010万ドル)が後に続く。円安現象のため日本輸出額は前年同期比で19.5%減ったが、タイと中国の輸出額は各々5.3%、3.2%増えた。

 米国大型マートに自社商標(PB)食品を納品する会社もできた。米国コストコは‘カークランド(Kirkland)’という自社商標で韓国の中小企業食品の調味海苔を販売し始めた。コストコのPB食品のうちアジア企業が作るのは調味食品の海苔が唯一だ。韓国経済によればこれによって調味食品は昨年5月から11月まで7カ月間360億ウォン分の調味海苔を米国に輸出した。昨年1~11月、韓国の対米海苔輸出額(683億ウォン)の半分を越える金額だ。

 クォン・ドンヒョク例味食品代表はこの新聞とのインタビューで「来年、ヨーロッパ輸出を始めて合計740億ウォンの輸出額を達成する予定」とし、「このため。全南新安郡にある工場の生産ラインを11増やす計画」と言う。引き続き「米国流通業社のセーフウェイとともに米国現地に乾燥海苔工場を作って現地で直接流通することも計画中」と付け加えた。

 韓国海苔が通じた理由は積極的な現地化戦略だ。東南アジアで戦略商品としてスナック形態の海苔‘キミー(kimmy)’を発売しヒットした東遠(トンウォン)F&B関係者は「米国、中国、東南アジアなどは海苔でご飯を巻いて食べる文化がないため、現地の食文化を分析し、これに合う製品を発売することが基本戦略」と説明した。

 海苔製造会社はこれから‘海苔韓流’を拡大させる方針だ。東遠F&Bはツナ缶中国輸出のために協力している光明グループを通じて海苔流通網を拡大すると明らかにし、サジョヘピョも海苔が健康食である点を強調し、昨年300億ウォンを記録した海外売り上げを今年は大幅に引き上げる計画だという。

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2014/01/02/2014010201348.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ