紙屑を売りつけようとする野村証券にご注意を!


野村証券に言わせると2014年は韓国株の買い時なんだそうです。

不動産価格が回復し、輸出と内需も好調なので最優先で株を買うべきと大プッシュしてます。


いやぁ、凄いですね。
ここまで正々堂々と嘘をつけるとは!


そんなに儲かるのなら、自分だけこっそり買って儲ければいいんじゃないでしょうか?


こんなのに騙される一般投資家ってまだ存在するものなんでしょうかね。


-----------------------
保守的な野村が…「今年は4%成長、韓国株買い時」

 野村金融投資は韓国を保守的に見る証券会社として有名だ。2011年以降韓国の経済成長率を他の金融会社よりはるかに低く予想してきた。昨年の韓国の成長見通しは2.5%で、業界平均は3.2%だった。今年は違う。野村は今年韓国が4%成長すると予想した。業界の見通し平均3.5%だけでなく韓国銀行の3.8%、企画財政部の3.9%より高い見通しだ。 

 野村韓国の西野範彦代表は、「韓国は野村がアジアで最も最優先的に買いを推薦する国」と話した。6日と15日の2回会った西野代表は、「野村がこれまで韓国に対し保守的に見てきたのは内需不振のためだった。今年は不動産市場が再生して内需が回復し、輸出と内需の両翼で飛ぶことになるだろう」と説明した。 

――なぜ韓国の内需が回復するとみるのか。 

「住宅建設投資がこの3年間で減少し未分譲住宅が減った。韓国政府も個人負債増加率が所得増加率を超えないよう管理してきた。内需が振るわなくならざるをえなかった。だが、3年間の調整期を経て内需拡張の土台が準備された。実際に中国など他のアジア各国は不動産景気抑制政策を展開しているが、韓国政府はむしろ住宅市場活性化政策を行っているのではないか」 

http://japanese.joins.com/article/647/180647.html?servcode=300&sectcode=300
-----------------------

沈みゆく泥船を豪華客船のように見せかけるのは無理があると思います。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ