糞チョンのカップルはペアルックが大好きww


糞チョン大学生の間で、「セルフ合コン」なるものが流行っているそうです。

これは、大学のコミュニティーサイトの掲示板に自己PRや理想の異性のタイプを書き込んで相手を募るというもの。




ま、糞同士がくっつくのは大いに結構ですね。

これ以上穢れたDNAが各地に飛散しないよう、糞チョンは糞チョンとだけ結ばれていればいいのです。


-----------------------
韓国の大学で人気、「セルフ合コン」とは

「20代半ば、(兵役を終えて)大学に復学した学生です。身長185センチで体重77キロ。イヌ顔が好きです。どんどん連絡ください」

 大学生の間では最近、ネット上の学内コミュニティー掲示板に自己紹介文をアップし、理想の異性のタイプを知らせる「セルフ合コン」が流行している。友人に異性を紹介してもらっても、好きな顔のタイプや趣味が合う異性を見つけるのは難しい。そこで、そうした現実を打開しようという大学生たちの新たな戦略が誕生したのだ。自己紹介文を匿名で掲載し、返信してくれた相手に会うというシステムなので、お互い心理的な負担も小さい。友人に「合コンある?」「異性を紹介して」とねだる必要もなく、そうして会った後に負い目を感じることもない。

 ソウル大学生活科学部のシンさん(23)=女性=は昨年1月、同大学のコミュニティー掲示板「スヌライフ」に次のような書き込みをした。「○○学科4年生の女子学生です。身長は155センチ、体重46キロ。信仰している宗教は特になく、政治的傾向は中道。普段は家にいるのが好きですが、恋人と美術館や公園に行くのも大好き。周りの人たちには小さくてかわいいと言われます。彼氏いない歴は1年以上になりますが、卒業前にぜひともCC(キャンパスカップル)になりたいです」

 次の日、シンさんのメールアカウントには返信が10通来た。その中にあった「こんにちは。スヌライフでたくさんセルフ合コンの書き込みを読みましたが、実際に連絡するのは初めてなので緊張しますね。1986年生まれ○○学科のキム○○です。180センチ、68キロで、僕も特に信じている宗教はなく、政治的には中道です。映画や漫画を見るのが好きで、性格は明るいです」と返信してきた同大学人文学部のキムさん(28)と会い、交際を始めた。シンさんは「同じ趣味、よく似た性格の人に会えたので、とてもいい関係が続けられそう」と話した。

 延世大のコミュニティー掲示板「セヨンネット」には先日「ネットの住人は変な人ばかりではありません。(セルフ合コンで)良い人に積極的に会えます」という書き込みが掲載された。ソウル大生のチョンさん(26)は「セルフ合コンこそ、その人に関する情報をストレートに知ることができるし、普通の合コンよりもはるかに『打率』が高い」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/19/2014011900092.html
-----------------------



世界的規模で獣姦禁止の法律でもできないものですかね。

そうすれば、韓国人売春婦が絶滅してくれることでしょう。

ま、どうせ日本人とか中国人に成り済まして売春を続けるんでしょうが……。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ