糞チョンや馬鹿シナに頼るとはキチガイ沙汰です


福島第1原発事故の影響で観光客が減少している福島県。

そんな福島県の温泉街ですがとうとう気が狂ったようです。

観光誘致のアイデアを聞くために、中国人や韓国人などを招待していたのです!!




もうね、アホかと。

糞チョンや馬鹿シナが数多く訪れるような観光地は必ず衰退します。

きゃつらの多さに辟易して、日本人観光客や他の外国の観光客が二度と足を運ばなくなるからです。



いくら背に腹は代えられないとはいえ、福島県もヤキが回ってしまいましたね。


-----------------------
福島市の飯坂温泉に外国人を招待してアイデアを聞く取り組み

 福島第1原発事故のあと、海外からの観光客が減少した福島市の温泉街で、外国人を招待して、復活へのアイデアを聞く取り組みが始まった。

 福島市の飯坂温泉を訪れたのは、福島県内に住む、中国人や韓国人など9人。

 このツアーは、福島県が招待したもので、ツアーの一行は、足湯などを体験した。

 参加者(中国)は「飯坂温泉は、もう少しアピールしてほしいですね。例えば、中国語のパンフレットとか」と話した。

 福島県の温泉地は、原発事故後、アジアからの観光客が大幅に減っていて、外国人の意見を取り入れ、海外からの観光誘客につなげたい考え。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00261967.html
-----------------------


放射能による汚染なんかより、糞チョンによる汚鮮のほうが遥かに被害が甚大だというのに。

福島県の温泉街が目を覚ましてくれることに期待したいものです。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ