中国人向けサービスを充実させている明洞の飲食店


いまバ韓国の観光地で大きな変化がおこっているようです。

それまでは日本人観光客向けに用意していたサービスを、次々に中国人観光客向けに変更しているとのことです。


日本語がしゃべれる店員よりも中国語をしゃべれる店員が増え、中国人だけに向けたサービスが充実しつつあるんだそうです。


いやぁ、じつに素晴らしいですね。

勝手にアルとニダで仲良くやってください。

中国人は韓国へ、
韓国人は中国へ、

といった具合に交流を深め、日本のことは見ないでください。



中国人や韓国人が訪れない日本の観光地。

どれだけ素晴らしいことでしょう。想像しただけで身ぶるいしてしまいます。

観光価値もグンと上がることでしょうから、アルとニダ以外の国からの観光客増も間違いないでしょう。



この調子で中国と韓国の蜜月関係をもっともっともっと強化していただきたいものです。


-----------------------
明洞の飲食店、日本人向けメニューを中国人向けに変更

「見るだけでシートパックを差し上げますよ」――。ソウルの繁華街・明洞には中国語で客引きの声が響いている。

 家族旅行でソウルを訪れたという中国人観光客、王運浩さん(37)は、前日に買った服と靴に身を固め、両手に免税店の買い物袋6個を持って取材に応じ「韓国人は中国語がうまいので、買い物には特に不便がない」と話した。王さんは化粧品店で一つ4万8000ウォン(約4700円)の栄養クリーム16個を箱買いし、代金を現金で支払った。店頭と全ての商品には中国語での説明が付いていた。

 中国人観光客が買い物を楽しむ明洞や東大門では、客引きの流ちょうな中国語が響き、中国語の看板は全ての店で必須だ。明洞観光情報センターの中華圏担当マネジャー、キム・スアさん(30)は「センターを訪れる観光客は1日に170~200人だが、うち40%が中国人で、日本人は20%にすぎない」と話した。

 地下鉄4号線の明洞駅から明洞芸術劇場までの300メートルの通りにある商店58カ所で、中国語ができる店員がいる商店は42カ所を占めた。化粧品店は全ての店に中国語ができる店員がいた。

 ある化粧品店のマネジャー(32)は「店員14人のうち6人が中国の朝鮮族で、残る店員も中国語は流ちょうだ。以前は日本語ができる店員も多く採用していたが、今は採用しない」と話した。

 ある化粧品店で中国人に最も人気があるのは、最も高価な15万ウォン(約1万4700円)のカタツムリクリームセットだった。女性店員(44)は「来店しても見物だけで商品を買わない日本人とは異なり、中国人は一度に大量に買っていくので、売上高の80%を占める。中国版ツイッターの微博(ウェイボー)を使ったイベントを開催していて、中国人が使うデビットカード『銀聯カード』には優遇特典を設けている」と説明した。

 中国では昨年10月に激安ツアーや買い物の強要を禁止することを柱とする旅遊法(観光法)が施行され、観光客の減少も懸念されたが、実際には施行当時に出足がやや落ち込んだだけで、中国人客は増え続けている。大手旅行会社ハナツアーの関係者は「中国人の団体観光は減ったが、個人旅行が大幅に伸びた。大半は個人旅行でショッピングと観光を楽しんでいる」と説明した。

 中国人観光客は明洞の飲食店のメニューも変えている。2012年に鍋店から焼き肉店へと業態転換した経営者(46)は「以前はソッコチゲ(イカ、野菜、豆腐を使った辛い鍋料理)を『イカ鍋』と称して、日本人客を呼び込んでいたが、最近は中国人が好む直火焼きにメニューを変えた。毎日の来店客400人のうち半分が中国人だ」と話した。

 韓定食の店を営む店主(53)は「中国人は生ものや辛い料理を食べないため、ユッケをメニューから外し、ケジャン(ワタリガニを塩、漬け込んだもの)のようなミッパンチャン(メーン料理の前に並ぶおかず)も焼いたものに変えた」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/31/2014013100028.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ