捏造漫画に騙される人々

フランスで行われている「アングレーム国際漫画祭」。
糞韓国の連中が慰安婦問題をテーマにしたデタラメ漫画を数多く展示していますね。

開催前からきゃつらがデタラメ展示をすることがわかっていましたが、
正直言って誰も信用しないだろうとタカをくくっていました。


しかし、そうやら韓国側の主張を鵜呑みにする人が少なくないようです。



日本側が用意していた、韓国のデタラメを論破する漫画は展示許可が降りず、韓国側の捏造漫画だけが展示されるという異常事態。



馬鹿どもと同じレベルになって反論するのは美しくない、そんな美意識が日本にはあると思います。

しかし、糞チョンどもを諌めるためにはある程度日本側もレベルを落とさないといけないのかもしれませんね。



-----------------------
韓国の慰安婦企画展に600人 仏漫画祭、「ひどい」「初めて知った」主張浸透の恐れも

 フランス南西部アングレームで30日に始まった「アングレーム国際漫画祭」で、韓国政府が実施している慰安婦をテーマとする企画展に約600人が訪れ、韓国側の主張に沿った展示内容をすっかり信じ込むケースも目立った。

 会場には、旧日本軍の兵士が当時の朝鮮半島の少女を拉致したり乱暴したりするといった内容の十数作品が展示された。入り口の説明文には、日本側が慰安婦問題を認めていないかのような記述もある。

 見学者のイザベル・プティさん(48)は「ひどい。娘にも見せる。日本はなぜ認めないのか」と涙を流し、ベルギー人のジャンジャック・ハロタンさん(55)は「こんな事実を初めて知った。日本が認めないのは残念」と話した。

 日本大使館は、政府による取り組みや立場を説明する文書をプレスセンターで配布した。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140131/erp14013110270002-n1.htm
-----------------------


はぁ、本当に糞チョンどもの存在がどれだけ世界の発展の妨げになていることでしょう。

やはりこれから先の地球の発展を目指すには、韓国人という害獣の駆除を真っ先にしなければなりませんね。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ