台湾の嫌韓感情もまだまだのようです


世界中のあらゆる国で売春にはげむ糞チョンのメスども。

今回台湾で摘発された糞売春婦も、じつに韓国塵らしい性格だったようです。


ウリのように全身ブランド服を着てる女が売春なんかするわけないニダ!
台湾には観光に来ただけニダ! 男の客とはモーテルでしゃべっていただけニダ!

と幼稚な嘘を繰り返しているとのこと。


さらにこの雌は中国、マカオ、日本、カナダ、オーストラリアなどに短期間で入出国を繰り返していたことが判明。





糞韓国塵を気軽に渡航させてはいけません。

世界中に悪意と病気を蔓延させるだけの存在ですからね。


-----------------------
32歳の韓国人売春婦を逮捕、背後に国際的な売春グループか 日本への渡航記録も

 台湾紙・自由時報(電子版)は6日、「韓流が殴り込み、韓国人娼婦が海を渡って売春」と題した記事を掲載した。

 32歳の韓国人の女が4日、台湾・新北市内のモーテルで41歳の男と一緒にいたところを売春容疑で逮捕された。地元警察が一斉捜索を実施したところ、すでに事を終えた2人が部屋を離れようとしているのを発見。売春容疑をかけられた女は「私はソウル江南区から来たのよ。全身ブランド服の女が売春なんかするはずないでしょ!」と否定したが、手にはしっかりと1000台湾ドル札が12枚。男に確認すると、女に支払った報酬はちょうど1万2000台湾ドル(約3万9000円)だった。

 女のパスポートには短期間のうちに中国、マカオ、日本、カナダ、オーストラリアなどに入国した形跡も残されている。国際的な売春グループが関与し、各国に送り込んで売春させている可能性もあるとみられている。男は調べに対し、「新鮮な韓国製品あります、テイクアウトもOK」とのうたい文句が書かれた「玉茶園」を名乗る業者のダイレクトメールを受け取り、「新鮮な韓国製品」を発注していた。

 男は買春を認めているが、女は「台湾には観光に来ただけ。男とはモーテルでおしゃべりをしていた」などと否認を続けている。警察は男に罰金を科し、女には強制送還の手続きを進めているという。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/375492/
-----------------------


今回の逮捕時の客である台湾男性は、糞チョンのメスと承知で買春していたようですね。

まだまだ台湾には嫌韓感情が足りていないのでしょう。


とはいえ、糞チョンのメスを皆が買わなくなると、きゃつらは「日本人ニダ!」と偽装してくるから困ったものです。


我々日本人にしてみれば本当にいい迷惑です。
やはりさっさと絶滅してもらうのが一番ですね。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ