プルコギ?と尋ねられても…


糞酒を人類に薦めないでください



またバ韓国が世界中に馬鹿全開アピールです。

アメリカのニューヨークタイムスに「BULGOGI?」と題した謎の全面広告を出していました。

広告の写真の中で箸を持っている不細工なオスは、アメリカメジャーリーグに所属するナントカとかいう奴らしいですね。


この広告主は以前にも「竹島は韓国のものニダ」という馬鹿広告を出した馬鹿です。

全力での馬鹿アピールは相変わらずですね。





ここ最近、韓国塵どもの馬鹿っぷりを目にすると、なぜか安心してしまう自分がおります。

やはり人類とは種が異なるゆえ、学習することができないんでしょう。

微笑を浮かべながら韓国の滅びを堪能していきたいと思う今日この頃です。



-----------------------
米紙に掲載された「プルコギ広告」、米メディアから酷評「今年1番の奇妙な広告」 「混乱と嘲笑を生む」

 12日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)に掲載されたプルコギ広告が、米国で笑いの的になっていることが分かった。韓国内からは、同広告が韓国をPRするどころか、恥をかかせたなどと批判的な声が上がっている。複数の韓国メディアが報じた。

 広告は一面を使った大型のもので、上部に「BULGOGI?」という大きな文字が記されている。中央には、米大リーグのテキサス・レンジャーズに所属する秋信守(チュ・シンス)が、笑顔でプルコギを箸で掴み、差し出している写真がある。

 同広告は、韓国の誠心女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が、韓国の文化をPRするために制作したものだ。徐教授はこれまで竹島(韓国名・独島)、ビビンパ、マッコリなどを「韓国の文化」として世界各地で宣伝している人物。今回の広告についても「韓国を代表するスポーツスターと共に、韓国料理を広く伝えるつもりだ」との考えを明らかにしている。

 韓国では好評が集まると思われた同広告だが、実際には米国で酷評を受けることになった。米公営ラジオのNPRは「米国のポップスターのジャスティン・ティンバーレイクが、英国の新聞にハンバーガーの驚くような味を宣伝しているようなもの」、「しかもバーガーキングやマクドナルド、ウェンディーズではなく、ただのハンバーガーだ」と伝え、広告の意図が不明瞭だと指摘した。

 米広告誌ADWEEKも、「今年1番の奇妙な広告」と酷評。韓国文化を紹介するブログを運営しているJoe McPhersonは、徐教授らが展開する広告の対象は外国人ではなく韓国人であり、「私たちはこんなことをしていますよ」と言いたいだけだと指摘。同広告は米国人に混乱と嘲笑だけを生む」と厳しく批判した。

 また同広告に記されているウェブサイトには、韓国料理のほかに、慰安婦問題、竹島問題、ハングル、F1コリアグランプリなどが混在して紹介されており、アクセスした外国人をさらに混乱させるものとなっていた。

 広告のセンスを批判された徐教授は「(これまで)一度も私的な利益のために広告事業を行ったことはない」と韓国のために展開したものだと強調。ただ、テキサス・レンジャーズの秋信守をNYT紙に掲載したり、歴史や文化などが混在するホームページはミスであることを認めた。

 韓国メディアは、「韓国を広報するという意図は素晴らしいが、外国人にとってはとても難しく、拒否感を与えはしないか、徐教授は冷静に考えてみる必要がある」と指摘した。

http://news.nifty.com/cs/world/koreadetail/sech-20140325-20140325_00003/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ