韓流に傾倒していた馬鹿夫人


韓国の自称元慰安婦どもがなにやらまた画策中のようです。

元売春婦の婆どもが共同で暮らす「ナヌムの家」の関係者が安倍首相の昭恵夫人の韓国訪問を希望しているんだとか。

経済崩壊を間近に控えた韓国は、もうなりふり構っていられないのでしょう。


安倍首相を落とせないものだから、矛先を変えてきたと思われます。



もし、万が一にでもこの要請に応じて首相夫人が韓国に行き、頭でも下げようものなら安倍政権はお終いですね。




-----------------------
元慰安婦らが生活する「ナヌムの家」関係者、安倍首相夫人の訪韓要請

 元日本軍慰安婦の女性たちが共同生活を送っている「ナヌムの家」の関係者が、日本の外務省幹部らと会談し、安倍首相夫人の昭恵さんの韓国訪問を希望しているとの考えを伝えたことが明らかとなった。複数の韓国メディアが28日、報じた。

 来月中旬にも、日韓両国の外務省の局長級協議を開く方向で調整が進められていると報じられるなか、これに先立ち、外務省と在韓日本大使館の関係者が17日、「ナヌムの家」を訪問。この席上で訪韓の希望を伝えた。

 この席上で外務省と在韓日本大使館の関係者は、安倍首相が14日に「河野談話を修正しない」と述べたことを重ねて取り上げ、「韓国と慰安婦問題を早急に解決させたい」とし、旧日本軍慰安婦の女性たちに対する賠償の意向も明らかにしていると伝えたという。

 韓国紙・世界日報は「安倍首相夫人、慰安婦被害者のおばあさんたちの言葉を直接聞いてみてください」と題した社説を28日に掲載した。

 社説では、安倍首相の態度について、「元日本軍慰安婦の強制性の事実を否定し、謝罪と賠償を行わないという頑固な態度を見せたこととは全く違う姿である」と評したものの、「これまでの安倍総理が『不信感』を養ったため、真正性に疑問は消えない。真正性を担保する方法の一つが、日本の首相夫人が元日本軍慰安婦の女性たちに会い、同じ女性の立場で話を聞くことである」と論じた。

 さらに、安倍首相が要請を受け入れたとしても「恥じることではない」とし、「不適切な『泥沼』にはまっていく日本を正常な状態に戻す方法」であると強調。日本の歴史認識ついて、国際社会の日本の見方は「懸念」のレベルを超えて「後ろ指」を指しているとの見方を示した。

 そして、日本は慰安婦問題の賠償の意向を明らかにしたが、被害者たちと韓国国民は「日本が間違っており、心から真の謝罪を申しあげる」という、その一言を聞きたいと願うとともに、それこそがもっとも重要なことであるとした。

 最後に、安倍首相夫人の訪韓を期待すると結んだ。

http://news.nifty.com/cs/world/koreadetail/sech-20140329-20140329_00018/1.htm
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ