韓国塵との結婚は地獄の始まり


つい先日から、バ韓国では外国人花嫁と結婚する際の決まりが厳格になっていました。


・結婚移民ビザの取得を希望する外国人は韓国語能力試験初級の取得しなければならない

・配偶者となる韓国人には1480万ウォン(約145万円)以上の年収があること


という条件らしいですね。

非常に喜ばしいことです。
騙されて韓国に連れてこられ、性奴隷となる可哀想な女性が減ってくれることに期待したいです。
どうせならもっと厳しく規定して、事実上外国人との結婚が不可能になってほしいものですね。


ところが、

糞チョンどもは「条件が厳し過ぎるニダ!」と早速ファビョっています。


あの馬鹿どもの事ですからこうした法律も有名無実化してしまう可能性もあります。


ここは我々人類側がもっと率先して決まりを作るべきでしょう。


人以外のものと結婚するなかれ


これで全て解決です。



-----------------------
韓国、結婚移民ビザ規定を厳格化 「外国人花嫁」トラブル増で

 外国人花嫁の急増によるトラブルが多発している韓国で、国際結婚に伴う外国人の移住許可基準を厳格化した新法が今月1日、施行された。

 新法では、結婚移民ビザの取得を希望する外国人に韓国語能力試験初級の取得を、配偶者となる韓国人には1480万ウォン(約145万円)以上の年収があることを条件として定めている。

 ただ、基準を厳しくするよりも、アジアで最も民族的同質性の高い国の1つである韓国社会になじめず苦労している外国人配偶者の支援強化に政府は力を注ぐべきだと批判する声もある。

■「花嫁通信販売」、背景に女性の社会進出

 外国人花嫁の増加が顕著になったのは2000年以降だ。大半がアジア出身者で、ピークを迎えた2005年には3万人以上の外国人女性が結婚移民ビザの取得を申請した。

 こうした傾向の背景には、地方出身の若い女性たちが男性優位の地域社会を捨て、仕事や新生活を求めてソウル(Seoul)など都市部に出て行くようになり、地方が「花嫁不足」になったことがある。

 韓国統計庁(Statistics Korea)によると2000年以降、結婚を理由に韓国に移住した外国人女性は約23万6000人。国際結婚した夫婦間に生まれた子どもは、およそ19万人に上る。

 韓国人と結婚した外国人女性の8割以上を、中国やベトナム、フィリピン、カンボジア、タイ、モンゴルなどアジア各国の出身者が占める。結婚紹介所を通じた「通信販売」の花嫁が大半で、結婚前に女性の出身国で数日間「デート」することが義務付けられている。

■花嫁虐待が社会問題に

 しかし、韓国国内ではその後、若い外国人妻たちが夫から殴られるなどの虐待を受けたとの報告が急増した。20歳のベトナム人花嫁が韓国に来て1週間後に精神障害を抱える夫に刺殺されるという事件も起きた。

 韓国政府は2010年、結婚相手に関して虚偽の情報を提供したり、男性1人に同時に2人以上の女性を紹介したりした結婚仲介業者に最長禁錮2年の刑を科す法律を導入。これが功を奏し、2011年に1697社あった仲介業者は、2013年末には512社にまで大きく減少した。

 今回導入した新法について韓国法務部(法務省)は、国際結婚した夫婦間トラブルの最大原因である意思疎通と低収入の2点に焦点を絞った対策だと説明。「資格のない人々が外国人花嫁を買う事態を止めるために政府の介入は避けられない」と述べている。

■新法に批判殺到

 一方、結婚仲介業者側は、新法の導入で結婚マッチング候補者が減れば、外国人花嫁を探すコストが上がるだけだと批判。さらに花嫁の語学研修費も必要となり、手数料や交通費、宿泊費などを含めて現在平均1000万ウォン(約98万円)程度の紹介費用は最大で50%も高騰すると主張している。

 また、研究者やソーシャルワーカー(社会福祉士)らは、既に様々な問題に直面している国際結婚カップルに必要なのは、より多くの支援であり、余計な負担となりかねない官僚的規制ではないと批判的だ。韓国の移民女性人権団体は、家庭内暴力の危機にさらされている外国人妻たちの保護を優先すべきだと指摘している。外国人妻たちは、まだ知人もいない韓国で警察に行くことを恐れ、夫から暴力を振るわれても届け出ない場合が多いという。

 民間のシンクタンク、韓国女性政策研究院(Korea Women's Development Institute)による2012年の調査によると、韓国では国際結婚した夫婦10組中の4組が5年以内に破局している。原因として48%が「和解しがたい不一致」を、21%が「低収入」を挙げている。

http://news.livedoor.com/article/detail/8726240/
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ