マックにしてみれば、韓国塵はただのゴキブリです


またまたアメリカのマクドナルドと在米糞チョンとの間で問題発生です!!

今回はマックの店員が、客である糞チョンに差別的な発言と暴力行為をふるったとのこと。


店員にしてみれば、店内に紛れ込んだゴキブリを排除したかっただけのことですね。

糞チョンのような不浄な存在が、公の場で活動していることがそもそも異常なのです。





それにしてもこの糞チョン。

10億円の損害賠償とはフっかけましたねぇ。

そのおかげでこのニュースが世界中で大きく取り上げられることでしょう。



今日も全力で馬鹿アピール、お疲れ様です。



-----------------------
アジア人客がマクドナルドに10億円訴訟 居座り騒動など度重なるトラブル

 ニューヨークに住む60代の韓国人の老人が、マクドナルドの従業員に殴られたとして、本社を相手に1000万ドル(約10億円)の賠償を要求する民事訴訟を起こし、韓国メディアの注目を集めている。

 2月16日、この男性がコーヒーを買うためにニューヨークのクイーンズのマクドナルドを訪れたことがトラブルの発端だ。

 男性によれば、事件当時、4人のレジの店員がいたがいずれも雑談に夢中で、注文してから10分ほど待たされた。「時間がかかりすぎだ」と言うと、50代の女性マネージャーから、「あなたのような人に売るコーヒーはない。出て行け」と叫んだという。

 男性がこの様子を撮影するためにスマートフォンを取り出そうとしたところ、女性マネージャーは1.5mの長さのほうきでキムさんの右手をなぐりつけ、携帯電話も落下して故障してしまったという。

 米マクドナルドでは韓国人の老人たちと店の間で、長時間滞在をめぐるトラブルも起きている。だが今回は10億円という高額訴訟だけに、大きな騒ぎになりそうだ。

http://mogumogunews.com/2014/04/topic_6310/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ