泥棒企業でしかない韓国のサムスン


台湾の半導体製造メーカーが、工場内への「韓国塵エンジニア立ち入り禁止」を行っているようです。

これはサムスンに機密情報を流す糞韓国塵から企業の財産を守るための対策らしいですね。




素晴らしい!




でも、どうせなら工場内とかと限定なんてせずに、国ごと「韓国塵立ち入り禁止」にしてほしいものです。



もちろん、我が日本でもこうした台湾の姿勢を見習うべきです。


韓国塵の入国を禁止して、国内に巣食う糞在日どもを狩りだして、この国土の浄化を目指すべきでしょう。






世界中どこの国からも蛇蝎のごとく嫌われる韓国塵。
もう少し自覚してほしいものですね。


しかし、自覚できないからこその糞チョンなんでしょうねぇ。
はぁ、さっさと絶滅してくれないものか。



-----------------------
台湾EMS大手、「韓国人は工場進入禁止」 機密漏えい警戒で対策―台湾紙

 台湾のファウンドリー(半導体受託製造)大手、台湾積体電路製造(TSMC)は韓国人の設備エンジニアが修理のためTSMCの工場に入ることを禁止している。機密漏えいを警戒しての対策だ。台湾・自由時報の報道として、元器件交易網が23日伝えた。

 TSMCの張忠謀董事長は自社がもはやほかのファウンドリーと競合するだけの存在ではなく、半導体メーカーの米インテルや韓国のサムスンと競争する新たな段階に入ったと認識している。そのため技術力向上を目指し、対策を進めてきた。

 TSMCは同社からサムスンに移籍した研究開発担当者、梁孟松氏に対し、TSMCの機密情報などを漏らさないよう求めて起こした裁判で、最近、二審勝訴を勝ち取った。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/383571/
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ