キチガイ韓国の伝道師


韓国文化の優秀さ」を世界各国で伝えるという迷惑極まりないことをしているソとかいう教授がいるようです。



ほぅ、「韓国文化の優秀さ」ねぇ。

レイプと売春と嘘つきの文化を世界に広めようなんざ、これも立派なテロ行為です。
こんなテロリストを入国させるほうが異常と言えますね。
あ、近親相姦、死姦、糞尿喰いの文化もありましたっけ。




日本人やアメリカ人が、他国にまで出向いて「自国の文化」を礼賛するものでしょうか?

自分の国の文化は、他者から評価されて初めて成立するものです。

それを「ウリガー、ウリガー! ウリジナルニダ!!」と触れまわるバ韓国塵。




存在しているだけで本当に糞迷惑ですね。



-----------------------
韓国の大学教授、ブラジルで韓国文化特別講義

 韓国のPR専門家を自任する誠信女子大学のソ・ギョンドク教授が、ブラジル・サンパウロの小・中・高校生を対象に、韓国料理やハングルなど韓国文化についての特別講義を行った。

 ソ教授は今年1月から世界各国を回り、各国の若者たちに対し「韓国文化の優秀さ」をテーマとする特別講義を行う「K-lecture」プロジェクトを進めている。フランス・パリ、米国ニューヨーク、ロシア・モスクワ、中国・上海、ベトナム・ホーチミン市に続き、六つ目の開催地としてサンパウロを選んだ。

 ソ教授は6日「韓国に強い関心を持つ現地の若者を対象に、韓国料理やハングルなど韓国文化の優秀さを面白く説明し、韓国の文化や歴史により関心を持てるようにすることが、特別講義の目標だ」と話した。

 今回の特別講義は、サンパウロにある韓国系の福祉施設に通う現地の小・中・高校生約50人を対象に1時間にわたって実施、終了後には韓国料理の試食会も行った。

 ソ教授はまた「これまではいつも、現地の大学生を中心とした講演を行っており、青少年を対象にした講演を行うのは今回が初めてだ。しかし、K-POPやハングル、テコンドーなど韓国文化に関心を持っている若者たちを見て驚いた」と話した。

 講演を終えたソ教授は、独島(日本名:竹島)問題について外国人が理解しやすい内容の、独立記念館の独島学校が発行した冊子「The history of DOKDO」を参加者全員に配布した。

 ソ教授は「来月には日本で大学生を対象に、韓日両国の歴史についての講演を行う準備をしている。今年末までに世界の主要15都市で特別講義を行う計画だ」と語った。

 一方、ソ教授は昨年、独立記念館の独島学校校長として、世界各国の韓国系学校に通う韓国系住民や、韓国企業などの駐在員の子弟を対象に「独島学校出前特別講義」をニューヨークやタイ・バンコク、オランダ・アムステルダムなど世界の主要14都市で行っている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/07/2014060700685.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ