電子足輪を装着してても性犯罪に走る韓国人


今月から、バ韓国では強盗などの前科者にも電子足輪を装着する対象とするようです。


今までは強姦魔や未成年誘拐者や殺人者などにだけ足輪を装着していたので、その範囲を拡大するわけですね。



どうせならもっと拡大してほしいものです。

そして、電子足輪を装着者の海外渡航を厳しく禁じてほしい!!



ちなみに、現在の装着者はたったの1800人ほどとのこと。

うーん、全然足りませんね。
バ韓国の人口が約5000万人ですから、電子足輪の装着者を5000万人くらいに増やしてほしいものです。


国民仲良くみんなで足輪装着。

うん、じつに屑らしくて素敵ですね。


ま、監視するほうも足輪装着者なので、とんでもないカオスになりそうです。



-----------------------
電子足輪、強盗前歴者にも装着へ

 今月19日から、強盗の前歴者も位置追跡電子装置(電子足輪)の装着対象になる。法務部(省に相当)は、強盗を2回以上犯した者を電子足輪の装着対象とする内容の改正電子足輪法を19日から施行する、と16日発表した。2008年、性的暴力の前歴者を対象に導入された電子足輪は、09年には未成年者の誘拐、10年には殺人の前歴者に適用対象を拡大してきた。

 改正法によると、強盗罪で実刑判決を受け、刑期を満了してから10年以内に再犯に及んだ者や、2回以上強盗を繰り返した者に対し、検察が電子足輪の装着命令を裁判所に請求できるという。

 遡及適用されることはなく、すでに刑が確定し服役している者は該当しないが、今後仮釈放される強盗の前歴者に対しては、残っている刑期の間、電子足輪の装着を命じられることになる。まだ刑が確定していない強盗の常習犯に対しても、電子足輪の装着命令を請求できる。法務部はこれにより、電子足輪の装着対象者数が、現在の1885人(16日現在)から、今年末には2600人、来年末には3000人にまで増加するとの見通しを示している。現在の装着対象者1885人のうち、性的暴力の前歴者は1561人、殺人犯は321人、未成年者誘拐犯は3人となっている。

 法務部によると、強盗の再犯率(2005-09年)は27.8%で、性的暴力(15.1%)や未成年者の誘拐(14.9%)、殺人(10.3%)の再犯率を上回っている。性的暴力の再犯率は、電子足輪制度の導入以前(04-08年)に14.1%だったのが、導入後には1.5%にまで低下した。法務部の関係者は「強盗は犯罪の性質上、性的暴力につながる可能性が高い。また再犯率が高い上、細かい計画に基づいて行われるという特性があるため、(電子足輪の導入により)再犯を抑制する効果が高くなると考えられる」と語った。

 一方、法務部は、電子足輪の装着対象者を24時間監視するため、武道の有段者を含む「電子監督迅速対応班」を昨年3月から運用しており、現在56カ所の保護観察所のうち40カ所で活動しているが、これを来年までに全ての保護観察所に置く方針だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140617-00001453-chosun-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ