世界で孤立しまくる中国と韓国www


イギリスBBCの世界各国イメージ調査の最新版が発表されていました。



日本の好感度はというと、中韓の猛烈な邪魔があったものの国際好感度「5位」と堂々の上位組となっていました。



一方、バ韓国の好感度は「11位」とのこと。
昨年が10位だったのでワンランクダウンなのですが、この数値はまだまだ異常ですね。

屑韓国に「好感」を抱く人類が存在するとは到底考えられませんから。





ネガティブキャンペーンで「日本は世界から孤立しているニダ!」とやたらと煽るバ韓国ですが、まあ実態はこんなもんです。


この世界から孤立しているのはアルやニダのほうなので、我々日本人は粛々と中韓の存在しない国際社会作りを目指していきたいものですね。



-----------------------
中韓に妨害されても日本の国際好感度「5位」と世界上位…中国9位、韓国11位、「世界から孤立」しているのはどちらだ

 英国放送協会(BBC)の海外向け放送「BBCワールドサービス」が手がける世界各国の“イメージ調査”2014年版によると、日本は好感度で前年より順位を1ランク下げ、5位となった。中国では尖閣諸島を、韓国では従軍慰安婦をめぐって反日感情が高まり、両国による悪評価が足を引っ張った格好だ。とはいえ両国のネガティブキャンペーンにもかかわらず、日本は依然として上位組。世界での評価が高いことを示している。

孤立連呼の国より上位の日本

 17カ国・地域を評価対象に、世界に与える影響が「良い」か「悪い」かを聴く、いわば国家のイメージ調査だ。BBCがカナダの世論調査会社グローブスキャンに委託し、昨年12月17日から今年4月28日の間、世界24カ国の約2万4500人に対面または電話で調査した。

 総合評価で日本は「良い」が49%、「悪い」が30%。昨年調査と比べ、良いは2ポイント下がり「悪い」が3ポイント上昇した。

 ランクダウンの主な理由は中国、韓国からの悪評価だ。各国別調査結果で日本に対する評価を見ると、中国は良い5%(13年は17%)、悪い90%(同74%)。韓国は良い15%(同21%)、悪い79%(同67%)。ともに前年より好評価が下がり、悪い評価が大きく上がった。中国では日本の尖閣諸島国有化、韓国では従軍慰安婦をめぐる日本への非難で反日世論が高まったことを反映した。

 しかし、日本を非難する中国の好感度は前年と同じ9位で、韓国は1ランク下がって11位。両国はしきりに「日本は世界から孤立」を連呼するが、現実とほど遠いことがよく分かる。

 50%以上が日本に好感を抱く国は11カ国で、中国は8カ国、韓国は4カ国(いずれも自国を含む)だった。

日本人は意見を言うようになった?

 中国、韓国の国別調査結果を見ると、日本とこれら2国の間は、相互に評価が低いことがわかる。

 各国別調査結果で中国に対する評価を見ると、日本は良い3%(13年は5%)、悪い73%(同64%)。韓国は良い32%(同23%)、悪い56%(同61%)。韓国の中国に対する好感度が高まる一方、日本は下がっている。

 韓国に対する評価では、日本は良い13%(13年は19%)、悪い37%(同28%)と好感度が下がり、悪いが約10ポイント増えたのが目立った。中国は良い40%(同44%)、悪い32%(同28%)となり、こちらも韓国への好感度が下がった。

 昨年を振り返ると、中国の海洋進出などを巡り米中関係に摩擦が生じる中、韓国の朴槿惠(パク・クネ)大統領は対北朝鮮対策の安全保障で米国にすり寄り、経済では中国に接近する外交を展開した。中国はこの“二股”を嫌ったのかもしれないが、中韓両国間ですら韓国の孤立感が強い。

 日本は過去、良い悪いのいずれとも判断を出さない“中間層”が多く、おとなしいイメージがあったが、今回は若干の変化があった。中国への評価での中間層は24%で前年より7ポイント、韓国は50%で同3ポイント、それぞれ縮小した。両国の嫌日活動で、モノを言いたい層が増えたようだ。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140714/wec14071407000001-n1.htm
-----------------------



なお、上記の表の赤字部分をご覧になっていただければお分かりのように、

バ韓国塵どもは昨年に比べて中国に好印象を抱いているようです。



しかし、中国における対韓感情は順当に悪化しています。



中国に擦り寄っているつもりでも、中国人は韓国塵を嫌いまくっているということですねwwww





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ