韓国製調理器具は毒物満載!


バ韓国から中国へと輸出されたチョン製のフライパン。

そんなフライパン1000個から有害物質が発見されたとのこと。


このフライパンの表面にはカスが基準値を88パーセント以上も発見され、このフライパンを使用すると有害物質が料理に溶けだす仕組みのようです。


近年、こうした韓国製の鍋や紙コップから有害な毒物が発見されるケースが頻発しているとのことです。


このように発見されるのは稀で、そのほとんどは既に市場に出回ってしまっているんでしょうね。



もうこれは殺す気マンマンのテロと言えるんじゃないでしょうか?


ま、アルとニダが殺し合えば地上の浄化が進むので、後押ししたいものです。



-----------------------
山東省検疫当局、韓国製フライパン1000個から基準値超える有害物質を検出 近年類似ケースが相次ぐ―中国メディア

 中国メディア・青島晩報は9日、山東省青島市の出入国検査検疫局で先日、韓国から輸入されたプライパンから国の基準値を超えた有害物質が検出されたため、同局が送還処理を行ったと報じた。

 このフライパンは同省の企業が韓国から輸入したもの。輸入量は1000個で、価値は2800米ドル(約28万3000円)だという。同局員が抜き取り調査を実施したところ、表面塗装の蒸発かす(4%酢酸)項目が1リットル当たり113mgと国の基準値を88.3%上回った。また、商品には中国語のラベルが貼付されていなかった。

 同局の職員は「蒸発かすの数値が高いほど、製品から溶出する物質が多くなり、人体への危険も大きくなる」と説明した。

 山東省の出入国検査検疫局では昨年10月以降、韓国製炒め鍋や紙コップなどの輸入品が蒸発かす、クロム溶出量、脱色試験などで不合格となるケースが多発しているという。

 また、2010年より炊飯器具、酒器、児童用食器などの輸入品のべ70ロットから重金属、蛍光物、可塑剤などの基準値超えが検出された。この検出数は全国の約5分の1を占めたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00000009-xinhua-cn
-----------------------


この日本に韓国製調理器具がどこから流通しているかわかったもんではありません。

安物買いの命失いにならないよう、気をつけたいものですね。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ