日本の敗戦に大喜びしていた屑韓国サポーター


ブラジルW杯で1勝もできなかったバ韓国代表チーム。

日本も0勝で終わったのであまり大きな事は言えませんが、そんなバ韓国代表チームにまた騒動がわき起こっていました。


ブラジルからの帰国前日に、選手やコーチなどがレストランでドンチャン騒ぎをしていた動画がネット上にアップされていたのです。


そこには醜い顔をして笑う選手や、女性歌手と踊るコーチや選手などの様子が収められていたとのこと。



これを見た屑チョンどもが「1勝もできなかったのにけしからんニダ!」とファビョっているんだとか。




なかには「使った金を国に返すニダ!」との意見まで出ている始末。




やはり屑韓国塵がスポーツの国際大会に参加すること自体が間違っていますね。



そのスポーツの品位は下がり、参加国すべてが不愉快な思いをして、挙句の果てに屑チョンどもも不幸になるのですから何一ついい事がありません。



屑どもにとって一番幸せなのは鎖国することなんじゃないでしょうか?


そうすれば他国を羨ましがることなく、平和に暮らせると思われます。



ま、いきなり鎖国は難しいかもしれませんがまずは日本との断交を実現すべく、屑どもの反日路線がもっと加速してくれることを切に願います。




-----------------------
迷走・韓国サッカー界にまた騒動 打ち上げ動画に「代表の自覚あるのか」

 代表監督が留任からわずか7日で辞任し、ドタバタ劇の続く韓国サッカー界がまたも“スキャンダル”に揺れている。

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、1次リーグで1勝も挙げられずに帰国する前日、“宴会”を開いていたとして、ファンから批判を浴びている。

 香港のテレビ局・フェニックステレビ(電子版)によると、6月26日(現地時間)にベルギーに0-1で敗れて1次リーグ敗退が決まった翌日、キャンプ地近くの飲食店で打ち上げを兼ねて食事をした。その際、満面の笑みを浮かべる選手や、女性歌手と歌い踊るコーチ、選手の姿が映った1分30秒に及ぶ動画がネット上にアップされた。

 韓国サッカー協会は「動画は食事のほんの一部」と説明。協会関係者も「食事の最後に一部の選手が盛り上げただけ。歌手はもともと店におり、レストランの中を歩き回りながら歌っていた。われわれの場所に来た時は自然な成り行きで一緒に歌っただけ」と釈明した。

 勝利を信じて応援したファンにとって、いくら謝罪の言葉を尽くしても、悲嘆に暮れるファンの気持ちを逆なでする行為があれば、何の意味も持たない。果たして、ネット上には「国民はどうしようもなく悔しがっているのに、よくも騒いで飲み食いできたものだ」「国を代表している自覚があるのか。使った金を国に返せ」「国内経済が深刻なのに、やるなら帰国して韓国で金を使え」「フィールドでは泣き崩れたのに、終われば満面の笑みか」などの批判の声が殺到していた。

 韓国代表を巡っては、W杯惨敗の責任論が騒がれる中、「後任の適任者がいない」ことを理由にいったんは洪監督が留任。ところが1週間後の10日に急遽、「やはり責任を取る」などと辞任する騒ぎとなった。代表チームが帰国した6月30日には「クソ食らえ」の意味から飴を投げつけられる場面もあった。

 7月17日時点で、韓国・中央日報(電子版)は国内外から人選を進めている最中だと報じる。同紙はサッカー関係者の話として「『世界的な名将を迎えるには同伴コーチの年俸・滞在費など1年で約50億ウォン(約5億円)かかる』とし『韓国サッカーは辺境ではないだけに、サッカー協会が積極的に動けば第二のヒディンクも招聘できるだろう」と紹介。02年日韓大会で韓国を4強に導いた名将の夢の再来を期待している。

http://news.livedoor.com/article/detail/9064667/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ