生簀で泳ぎながら竹島に不法上陸したキム・ジャンフン




キチガイの中のキチガイ、屑チョンのキチガイ歌手キム・ジャンフンが、兵庫県の「こころのケアセンター」を訪れる予定なんだそうです。


その目的は、このキチガイ歌手がバ韓国でセウォル号沈没事故被害者のトラウマやPTSD(心的外傷後ストレス障害)のケアを行う組織を運営するためなんだとか。

要するに金儲けと売名行為ってヤツですね。



しかもこの馬鹿は、


(トラウマをケアする)知識やノウハウを共有するニダ!

と寝言をほざいています。



共有?


人類とヒトモドキで共有できるものなんざ存在するわけがありません。



共有と言いつつ、一方的にこちらの技術や知識を盗むだけでしょう。


そして数年後には「ウリジナル」を主張するんですね。



もうその手法は飽きました。

不愉快なんでさっさと生簀で溺れ死んでくださいな。



-----------------------
韓国旅客船沈没事故、被害者の心のケアのため、愛国歌手が日本へ・・・「知識やノウハウを共有しよう」=韓国メディア

 韓国人歌手キム・ジャンフン氏は29日、兵庫県こころのケアセンターを訪れる予定。セウォル号沈没事故被害者のトラウマ(心的外傷)の治療を行うために、活発的に議論を行い協力を求めるという。複数の韓国メディアがこれを報じた。

 キム・ジャンフン氏は、これまで竹島(韓国名:独島)の領有権主張に関するさまざまな活動を行ってきた人物。

 訪れる予定の「兵庫県こころのケアセンター」は、1995年に発生した阪神・淡路大震災を契機に設立され、「こころのケア」に取り組んできた施設。

 キム・ジャンフン氏は今回の訪問を通じ、セウォル号沈没事故被害者のトラウマやPTSD(心的外傷後ストレス障害)のケアと、そのケアを行う組織運営についての専門的な見解などを学ぶ予定。

 キム・ジャンフン氏は、「今後、韓国でトラウマをケアする組織を複数の場所で運営する計画があり、そのためには専門知識が必要であると考えた。日本は地震などの自然災害および災害関連の被害が多く、トラウマをケアする面においても世界最高水準であると考えている。また日本だけでなく、世界中のケアセンターを訪れ、知識やノウハウを得て、共有しようと思う」と述べた。

 キム・ジャンフンの所属事務所は、今回の訪問を通じて日本のNGOと連携し、日本と共同でセウォル号追悼公演も推進する計画だと伝えた。(編集担当:李信恵)

http://news.nifty.com/cs/world/koreadetail/sech-20140729-20140729_00007/1.htm
-----------------------



(編集担当:李信恵)

ああ、あのガイキチですか。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ