盗人屑チョン向けにわざわざサイト開設




長野県の山小屋管理人夫婦が、バ韓国塵向けに山岳情報サイトを強化しているようです。

屑チョンどもが日本の山に登って数々の問題を起こしているので、屑どもに向けて正しい山小屋の利用方法や危険個所の山岳情報などを掲載しているようです。



そんなサイトで警鐘をならしても、屑チョンどもがマナーを守るはずなんてありえません。


マナーを理解できず、マナーを守れないからこその韓国塵なのですから。



屑チョンに優しいことをすれば、その何倍もの被害を受けることになります。



韓国塵による登山禁止なんてケチなことは言いません。

それよりも、韓国塵の入国禁止を徹底すれば今現在日本で起こっている数々の問題が解決するでしょう。



-----------------------
長野)韓国の岳人へ「道しるべ」 情報サイトを一新

 上高地の山小屋管理人、内野慎一さん(42)、かおりさん(44)夫妻=諏訪市岡村=が、韓国人向けの山岳情報サイト「キルチャビ(道しるべ)」の内容を一新して再スタートした。育児などで休止していたが、4人が死亡した韓国人ツアー客の遭難事故をきっかけに、改めて「日本の山を安全に楽しんでもらいたい」との思いを込めた。

 夫妻は05年から上高地の山小屋を管理する。ソウルの高麗大学に語学留学の経験があるかおりさんは当時、増え始めた韓国人登山者との会話から、言葉が通じないことや、文化の違いなどによる山小屋でのトラブルが多いことを知った。

 山小屋関係者からも「夜遅く小屋に着く」「キムチを大量に持ち込み宴会をする」などの苦情があった。

 「誤解から『韓国人お断り』となってはいけない。日本の山を楽しみ、元気に帰国してほしい」と思い、07年にサイトを開設、危険箇所の情報や山小屋の利用法などを載せた。

 遭難事故は、トラブルや事故が減ったと思った矢先に起きた。都内の韓国人実業家がサイト再開への協力を申し出てくれたうえに、松本市の企業や富士見町の韓国人女性らも、デザインや翻訳などで支援。県警山岳遭難救助隊も、写真提供や安全登山へのアドバイスなどで協力してくれた。

http://www.asahi.com/articles/ASG724RD3G72UOOB00C.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ