おい、パククネ婆!どうかそのままの反日でいてください




荒唐無稽な根拠で反日姿勢を貫くパククネ婆。

そんな婆に対し、アメリカ政府がついに動きだしたようです。

米政府の高官が非公式にバ韓国を訪れ、日本の集団的自衛権行使容認に反対するなと釘を刺したとのこと。



ずいぶんと余計なことをしてくれたものです。

これでパククネ婆が大人しくなってしまったら、日本にとって大きな損害となります。




ま、あの低脳婆のことですから、アメリカよりもバ韓国国内の世論を気にしてブレない可能性も高いですがね。




期待してますよ!

バ韓国最後の大統領パククネ婆さん。



-----------------------
「反日」朴大統領を叱責 米政府高官が極秘訪韓「安倍首相に反対するな」

 日本の集団的自衛権行使容認に反対姿勢を示す韓国に対し、ついに米国の堪忍袋の緒が切れた。米政府高官が極秘裏に訪韓し、安倍晋三政権の方針に理解を示すよう韓国側に圧力をかけていたのだ。日本が集団的自衛権を行使できるようになれば、朝鮮半島有事で自衛隊による米軍支援が拡充されることになり、韓国の国防にも役立つことは子供でも分かる。駄々っ子のように「反日」外交を展開する朴槿恵(パク・クネ)大統領に、米国がお灸を据えた形だ。

 極秘訪韓したのは、ズムワルト米国務次官補代理(東アジア・太平洋担当)。高校と大学で日本留学経験がある国務省きっての日本通だ。

 韓国紙・東亜日報(日本語電子版)は28日、非公式訪韓したズムワルト氏が、李京秀(イ・ギョンス)外交省次官補や、朴氏を支える大統領外交安保首席室関係者らと会談したことをスクープし、「日本の集団的自衛権行使に対し、米政府が韓国の協力を求めてきた」と報じた。

 米国の安全保障政策に詳しい杏林大の田久保忠衛名誉教授は「米国にとって、北東アジアの安全保障政策の要は『日米韓の三角形』だ。これで中国やロシアなど、ユーラシア大陸からの圧力を防ごうとしている。ズムワルト氏が訪韓したのは『そんなことも分からないのか』『いい加減、反対するな』と説得しに行ったということだ」と解説した。(略)

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140729/frn1407291820007-n1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ