韓国塵にとって寄生虫入りのキムチはデフォです


買ったキムチから虫が出てきたニダ! 金を払わないと区役所や食品医薬品安全処に届け出てデモを起こすニダ!

自分で虫を混入させたキムチなどの食品を使い、多くの企業から補償金をせしめていた屑チョンが逮捕されていました。



きっとこの屑チョンは、日本の害虫である在日どもの手口を真似たんでしょうね。

その汚くて幼稚なヤリクチがそっくりです。





ま、今回の犯罪のように屑同士でヤリあうのは構いません。

しかし、この日本で犯罪に走る韓国塵は絶対に許せません!!


というワケで、日本に棲息する全ての屑チョンを一刻も早く追い出すべきです。

半島に帰国するのを嫌がる素振りを見せたら、その場で銃殺って方向でお願いします。




-----------------------
「食品から虫が」 メーカーから350万円詐取の男ら逮捕

5カ月間に309社から金を脅し取る

「キムチから虫が出てきた」

 今年3月初め、慶尚南道昌原市鎮海区にあるキムチ製造業者の元に、消費者を名乗るC容疑者(46)からこんな電話がかかってきた。釜山市北区の大型スーパーで、この業者が製造したキムチを購入したところ、中から虫が出てきたというのだ。

「新品を送るわけにはいきませんか」

違う形で補償してほしい。さもなければ区役所や食品医薬品安全処(省庁の一つ)に届け出るか、スーパーの前でデモを行う

 結局、この製造業者は、虫が出てきたというキムチを小包で受け取って中身を確認した上で、C容疑者の元に社員を派遣して謝罪し、20万ウォン(約2万円)の補償金を支払った。なお、問題のキムチの価格は2300ウォン(約229円)だった。

 C容疑者は同居しているB容疑者(35)と共謀し、このような手口で、今年2月13日から5カ月間にわたり、食品メーカー309社から3500万ウォン(約348万円)を脅し取った。対象となったのは、味付け海苔のふりかけ、ワラビ、米菓、パン、ツナや桃の缶詰、餅、チョンドゥギ(駄菓子の一種)、干しブドウ、中華クラゲ、豆腐、サツマイモの茎、ヌルンジ(おこげ菓子)、さつま揚げ、とんかつソース、スンデ(韓国式の腸詰め)など、大型スーパーで売られているあらゆる食品だった。これらの食品に混入させた異物も、ハエやクモ、アリ、ダンゴムシ、ウジ虫などの虫のほか、小石、プラスチック、髪の毛、魚の骨、糸など多岐にわたった。菓子など甘いものにはハエやアリなどを、餅には髪の毛を、ヌルンジには石などを混入させた。

 ハエやアリなどの虫は生ごみ用バケツや花壇などから採取したものを保管し、混入させていた。警察は「大型スーパーで勤務した経験があるC容疑者らは、消費者からの抗議に対応できる能力がない零細業者ばかりを狙って犯行を繰り返していた」と説明した。

 C容疑者らは、食品メーカー1社につき1万-30万ウォン(約1000-3万円)の金を脅し取っていた。今年5月半ばには、釜山市北区で低所得層の高齢者たちが設立した作業所で製造したカンジョン(もち米で作った伝統菓子)にアリを混入させ、10万ウォン(約1万円)を脅し取った。だが、これらの犯行は、B容疑者が「おい、三つのメーカーからの金は受け取ったか」というカカオトーク(スマートフォン向け無料チャット・通話アプリ)のメッセージを、誤って食品メーカーの関係者に送ったことで発覚した。

 釜山地方警察庁広域捜査隊は29日、C容疑者らを恐喝などの疑いで逮捕した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/30/2014073001485.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ