売春婦だらけのバ韓国



バ韓国のオスとメスの賃金格差は、OECD加盟国の中で最も大きいということが判明していました。


オスの平均月給が26万円なのに対し、メスは17万円ほどとのことでその差は37パーセントにも及ぶんだそうです。


この賃金格差、世界中では減少方向にあるのですが、バ韓国ではこの13年間でたったの3パーセントしか改善していないとのこと。


しょせんは朝鮮ヒトモドキ、男女平等といった人類向けの概念は決して理解することができないのです。








ま、売春婦どもの稼ぎも計算に入れれば、このオスメスの格差は縮まるどころか逆転しそうですがね。


-----------------------
韓国の男女賃金格差 OECD最大=女性37%低く

 韓国の男女の賃金格差は、経済協力開発機構(OECD)が統計を取り始めた2000年以降、加盟国で最も大きい。しかも、OECD平均との開きは徐々に広がっている。

 OECDの最新統計で、2012年に韓国の男性労働者の賃金を100とした場合の女性労働者の賃金は62.6にとどまることが4日、分かった。女性が男性より37.4%低く、格差は2012年の数値が明らかになったOECD11カ国では最大。日本が26.5%と2番目に賃金格差が大きく、米国(19.1%)、カナダ(18.8%)、英国(17.8%)、スロバキア(16.0%)、チェコ(15.1%)と続く。

 2000年に韓国の女性の賃金は男性より40.4%低かった。次第に開きを縮めたとはいえ、2012年までの13年間で3.0ポイント改善したにすぎない。

 一方、日本は2000年の33.9%から2012年には7.4ポイント、英国も8.5ポイント、それぞれ格差が縮小した。

 また、韓国はOECD平均との開きも広がっている。OECDが2000年の19.2%から2011年に14.8%と4.4ポイント縮小したのに対し、韓国は40.4%から37.5%へ2.9ポイントの縮小にとどまった。

 韓国雇用労働部の調査によると、昨年、韓国の男性の月給は平均266万4000ウォン(約26万3400円)、女性はその64%にあたる170万5000ウォンだった。

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2014/0804/10128859.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ