武力行使してでも竹島は奪い返すべきです




バ韓国政府は、日本人の竹島問題研究家である元大学教授に勲章を与えるとのことです。


この研究家は故・内藤正中・元島根県立大学名誉教授。


こいつは日本側の資料や文献を顧みず、ねつ造された韓国の資料を元に「竹島」がバ韓国の領土だと主張していたキの字のようですね。


2年前に他界したようですが、死してなお日本という国に迷惑をかけ続けているとんでもないやつです。





日本政府もいっそのこと少数派であるバ韓国の親日家に勲章でも配りまくったらどうでしょう。

あの馬鹿どものことですから、僻みや妬みから盛大に殺し合ってくれそうな気がします。



とにかく一匹でも多くの屑韓国塵が減るよう、できる範囲での努力は惜しみたくないものですね。




-----------------------
<竹島問題>「主権は韓国」主張の日本人教授、韓国政府が勲章授与へ―韓国メディア

 2014年8月14日、韓国ニューシス通信社によると、韓国政府は竹島(韓国名・独島)問題研究家の故・内藤正中・元島根県立大学名誉教授に外交勲章の「崇礼章」を授与する見通しとなった。内藤氏は生前、日本政府の竹島に対する主権の主張を批判していた。15日付で環球時報(電子版)が伝えた。 

 韓国外務省の関係者によると、内藤氏は竹島が韓国の領土であることを示す古代文献の研究に携わっていた。その結果、日本が島の主権を主張するのはまやかしであることを証明。韓国の領土であることを著書やインタビューなどを通じて主張していた。 

 内藤氏は1990年代中頃、鳥取短期大学教授時代に「(日本海にある)鬱陵島と竹島は鳥取県に属さない」ことを示す歴史資料を発見。一貫して竹島が韓国の領土であると主張してきた。08年には日本の外務省が発行した島の主権を主張する冊子を批判。その後12年に他界した。

http://www.recordchina.co.jp/a92674.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ