植村隆の朝鮮塵妻もその母も反日家


植村隆、よくもまあ本名で生きていられるものだ


植村隆こそ諸悪の根源




慰安婦問題のねつ造記事を書いた植村隆。

こいつがまだ生きていることが不思議でなりません。

世が世ならとうの昔に殺されているはずです。




そんな植村隆が講師として務める北星学園大に脅迫文が届けられているようです。



たしかに脅迫したくなる気持ちはわかりますが、無関係の学生を巻き込むようなやり方はスマートじゃないですね。




どうせやるのでしたらスマートに天誅を下すべきでしょう。

あ、一族郎党もブラッドフェスティバルにしてほしいものです。



-----------------------
慰安婦報道めぐり脅迫文 2大学に元朝日記者の退職要求

 北星学園大(札幌市厚別区)に今年5月と7月、慰安婦問題に関する記事を書いた非常勤講師の元朝日新聞記者(56)の退職を求め、応じなければ学生に危害を加えると脅す文書が届いていたことが捜査関係者への取材で分かった。大学側から相談を受けて、北海道警札幌厚別署が威力業務妨害の疑いで調べている。

 捜査関係者によると、文書は学長ら宛てで、5月29日と7月28日に郵送で届いた。印刷された字で「元記者を辞めさせなければ天誅(てんちゅう)として学生を痛めつける」「釘を混ぜたガスボンベを爆発させる」などと書かれ、元記者や朝日新聞の報道を批判する内容。それぞれ数本の虫ピンが同封されていたという。大学関係者によると、9月中旬に「爆弾を仕掛ける」との内容の電話もあったという。

 元記者は91年8月、元慰安婦の証言を韓国紙などに先駆けて報じていた。

 また、帝塚山学院大(大阪府大阪狭山市)にも9月13日、慰安婦報道に関わった元朝日新聞記者の人間科学部教授(67)の退職を要求する脅迫文が届いていたことがわかった。大学は被害届を提出、府警が威力業務妨害容疑で調べている。元記者は同日付で退職した。

 府警や大学によると、同大狭山キャンパスに法人理事長や学長らに宛てた封書が計4通届き、それぞれA4判2枚の文書に「辞めさせなければ学生に痛い目に遭ってもらう。釘を入れたガス爆弾を爆発させる」などと記され、釘1本が同封されていたという。

 元記者は韓国・済州島で女性を強制連行したと証言した吉田清治氏(故人)に関する記事を数本書いていた。朝日新聞社が8月、吉田氏に関する記事を取り消した際、吉田氏の証言を最初に取り上げた記事の筆者を匿名でこの元記者と記したが、その後、元記者でなかったことが確認された。

http://www.asahi.com/articles/ASG9Z63FLG9ZUTIL060.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ