出国禁止措置のおかげでパククネ婆の不倫話が拡散中wwwwwwwww



パククネ婆の悪口をネットの掲示板に書き込んだとの罪で、バ韓国主婦48歳が有罪となっていました。


この主婦は「死ぬ日は遠くない」というタイトルで、パククネ婆の不倫話を書きこんだとのことでした。


裁判所はこの書き込みに対して、「公共の利益のための目的は認めがたく、表現の自由の限界を越えたニダ」と判断したようです。



いやぁ、恐ろしいというか気持ち悪いですね。


言葉狩りそのものです。


すでに巷に出回っている噂話を元にした不倫ネタにしか過ぎず、脅迫だの殺害予告だのをしたわけでもないというのに……。



ま、裁く方も裁かれる方も屑チョンならどうぞご勝手に、といった所ですが。



パククネ婆の不倫疑惑を転載しただけに過ぎない産経新聞ソウル支局長は、出国禁止措置が6回も延長されていまだバ韓国で事情聴衆を受けている真っ最中です。

バ韓国のこうした糞みたいな実態をもっと世界の人に周知させていかなければいけませんね。




-----------------------
朴大統領をネット上で誹謗した主婦 懲役4月・執行猶予1年

  ポータルサイト討論掲示板に朴槿恵(パク・クネ)大統領を誹謗する内容を載せた40代の主婦が執行猶予付きの判決を受けた。 

  ソウル中央地裁のイム・ジョンテク判事は、情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律違反(名誉毀損)容疑で起訴されたA(48、主婦)に対し、懲役4月、執行猶予1年を言い渡したと1日、明らかにした。 

  Aは昨年6月、あるインターネット討論掲示板に「死ぬ日は遠くない」と題した文章を載せた。暴言を含むこの文章で、Aは「朴大統領は崔太敏(チェ・テミン)牧師、彼の婿チョン・ユンフェ氏と不倫関係」と主張した。 

  Aは法廷で、「チョ・ウン牧師のインタビュー映像と政治家のインタビュー記事を見て事実と信じていた」と主張した。しかしイム判事は「この内容に対する客観的根拠資料を探した事実もなく、見たという記事も私生活に関する抽象的な風聞を伝えるものがほとんどであり、これを事実と信じたという主張は納得しがたい」と明らかにした。また「虚偽ということ知りながらも一般の人の関心が大きい朴大統領の私生活に関する内容をインターネット掲示板に載せた」とし「公共の利益のための目的は認めがたく、表現の自由の限界を越えた」と述べた。

http://japanese.joins.com/article/806/190806.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ