海上保安庁を真似しても能力は億分の1未満です




バ韓国の海洋警察が中国漁船の船長を射殺した事件の続報です。

その漁船のオーナーによれば、


同海域で、韓国に中国漁船を取り締まる権利はない


とのことでした。


このオーナーによれば事件当時その漁船から座礁の報告があり、その座標は「中韓漁業協定」の該当海域でそこでは中韓両国の漁船は自由に操業ができ、相手国の漁船を取り締まる権利はないと定められているんだそうです。


ま、アルやニダの言う事をまともに信じるのは愚の骨頂ですが、このオーナーの言い分通りだとしたらもうこれは立派な開戦理由になりそうです。


もっともあのバ韓国軍がまともに戦えるハズありませんから、すんなりと隷属国家に戻るというのが現実的でしょう。


中韓で事が起こっても、バ韓国の味方をするような物好きはいないでしょうしwww



今頃必死の形相で事故海域のねつ造を行っているであろうバ韓国海洋警察。


どれだけねつ造しても、あの屑どものことですからすぐにボロが出るんですがねwwwww




-----------------------
韓国海洋警察が協定違反!?=「この海域で韓国に中国漁船の取り締まり権はない」―中国人船長死亡事件

 2014年10月14日、韓国海洋警察が中国漁船を取り締まりの際、中国漁船の船長が死亡。これについて中国外交部は事件の調査と関係者の処罰などを求め、抗議している。新京報が伝えた。

 10日、韓国海洋警察は中国漁船を取り締まりの際、船長が激しく抵抗したため、空砲3発と実弾8発を発砲。その際、実弾に当たったとみられる船長は腹痛と呼吸困難を起こして病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。船長の体内からは直径1.6センチの銃弾が見つかっている。

 同事件に関して死亡した船長の漁船オーナーは、「同海域で、韓国に中国漁船を取り締まる権利はない」と指摘している。

 オーナーによると、事件当時船の乗組員から座標の報告があり、座標通りであれば同海域は「中韓漁業協定」の該当海域で、両国の漁船は自由に操業ができ、相手国の漁船を取り締まる権利はないと定められているという。現在韓国当局は中国漁船の船長の死因や詳しい経緯などについて調べを進めている。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20141015016/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ